※この記事は、9月12日 関電:今冬、「夏以上に需給が厳しくなる」【来ました、二手目・・・】の続報です。

関電 12月4週にも節電開始
(2011年10月15日  読売新聞)
 関西電力は14日開かれた関西広域連合の環境専門部会で、今冬の電力需給見通しについて、12月の第4週に8・7%の電力不足に陥るとする説明資料を示した。稼働中の関電の原子力発電所4基のうち3基が定期検査で停止するためだ。停止中の原発が再稼働しなければ、この時期までに節電要請期間に入る見通しだ。残る1基が止まる予定の来年2月第4週には11・9%が不足するとしている。
 関電の今冬の電力需給見通しが明らかになるのは初めて。部会では節電要請の際に、政府と広域連合、関電の3者で節電目標を統一することで合意した。今夏には3者がそれぞれ異なる目標の数値を示したうえ、関電の説明不足が自治体や顧客の反発を招いた。関電は自治体への事前調整が不可欠だと判断し、この日が初の協議の場となった。
 関電の試算では、12月上旬までは、需要を供給力が上回り安定している。しかし、12月中に3基目の原発が停止する予定のため、設備の故障などのトラブルに備えた最低限の予備率(3%)を加味し、第4週は8・7%の不足になるとした
 寒さで電力需要が増す1月から2月第3週までの不足率は7・1~10・4%。全原発が停止となる2月第4、第5週は11・9%で、寒さが緩んで需要がやや落ちる3月も8・4~11・6%で推移するとみている。
 関電は、この試算を基に、火力発電所や水力発電所の検査時期をずらしたり、他の電力会社に融通の増加を求めたりして供給力の改善を検討する。参加府県の知事らが集まる27日の広域連合委員会に改めて試算を示す見通しで、節電内容や期間について最終調整する。
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20111015-OYO1T00194.htm?from=top

関電には、底力をみせてもらいたいというのが、本音です。
原発に頼らずにその他の電力源や、他社からの電力供給でなんとかなると思っています。

思いだけではだめですね。
私もちょっと調べてみます。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村