※この記事は、
7月2日 日本原子力文化振興財団:原発推進へ国民分断・メディア懐柔-これが世論対策マニュアル@新聞赤旗
10月5日 千葉県柏市で放射能測定施設がオープン【『民間』の国、日本】
10月6日 【追記あり】東京都内の堆肥から1488Bq/kg検出、文科省の東京・神奈川の放射線量マップに関連しています。

これは、本当に起こしていて、胸が押しつぶされそうになりました。
Bochibochiは、今、ここにいて、日本の状況を推測することしかできていませんが、こういった現実の話を聞くと、いかに政府とメディアの地域分断が細部までいきわたっているか、痛感させられます。

こんなふうに孤独にさせてはいけないはずなのに・・・。
みんながまとまることができない理由が、ここにあります。

どうぞ。

20111013 [1/2]たね蒔き「放射能から子供を守る会が突然活動休止!」
http://www.youtube.com/watch?v=-gtZIX1Pf5w&feature=channel_video_title
[2/2]
http://www.youtube.com/watch?v=0tFowH-LYqI&feature=channel_video_title

【以下、お時間のない方のために内容を起こしています。ご参考まで】
今日の特集です。
福島第一原発からかなり離れているのに、放射線量がその場所だけ高くなっているという、いわゆるホットスポット地域で子供たちを守ろうと、活動を行ってきたグループ、「柏の子供たちを放射能汚染から守る会」の代表、大作ゆきさんにお話を伺います。

放射性物質の量が半分になる半減期が30年のセシウム137の蓄積量を見ますと、文科省の調査で千葉県で放射線量が高かったのは、柏市や松戸市、我孫子市、流山市など県の北部で10平方㎞くらいの広さの部分がありまして、1平方メートルあたり、3万~6万ベクレルに上っているということです。
放射線の検出量ですが、他は、木更津市の一部を除いて、ほぼ1万ベクレル以下ということですから、かなり高いということになります。

ちなみにチェルノブイリ原発事故では、3万7千ベクレル以上が汚染地域とされていまして、強制避難の基準は55万ベクレルなんですけれども、そのチェルノブイリの基準を適用するということになれば、汚染地域ということになります。
千葉県のこの地域が線量が高い理由については、文科省の話として伝えられているところによりますと、千葉県では、原発から放出された放射性物質を含んだ雲が一旦太平洋に流れて、再び茨城県の霞ケ浦付近を通って、千葉県のこの辺りを通って、埼玉県境まで広がったと推測できるということなんですが、これ、藤田さん、柏市は福島第一原発から直線距離で200㎞近く離れているということなんですが、いったいこの地域にお住まいの方は、どういうお気持ちなんでしょうかということで、お聞きしたいと思います。

大作さん?こんばんは。よろしくお願いします。
毎日放送の千葉と申します。
(大作氏)よろしくお願いします。

すいません、遅い時間に。
早速ちょっとお話を伺っていきたいんですけれども、こちらに入っているニュースですと、柏市にはおととい、商店街に放射線関連で、自分で食べ物などの放射線を測ることができる「ベクミル」という施設ができたというニュースが伝わってきているんですけれども、これは柏でも話題になってるんですか?
(大作氏)そうですね。お母さんたちの間でも、かなり話題にはなってますね。

そうですか。
こういう施設ができたら、やっぱり安心はできますかね?
(大作氏)ただ、検出限界が20ベクレルとか、10ベクレルとかだと、安心するお母さんもいるでしょうけど、安心できないお母さんもいるでしょうね。もっと低い値を知りたい・・・

もっと細かく値をちゃんと知っておきたいということですね?
(大作氏)はい。

やっぱりそれくらいものすごく放射線に関しては敏感になってらっしゃるということですかね?
(大作氏)そうですね。やっぱり自分もそうですけど、子供たちの口に入れるものですからね。食べ物とか特に。??でほんとは測ってくれたらいいなと思いますけど。

なかなかそういうのはできないですね。
(大作氏)そうですね。お金も結構かかるみたいですからね。

あの、大作さん、ご家族は、お子さんと旦那さんとですか?
(大作氏)そうです。3歳と1歳の男の子が。

なるほど、じゃあ本当にお子さんは心配な年齢ですけれども。
「柏の子供たちを放射能汚染から守る会」というのを作ったのは、いつのことなんですか?
(大作氏)確か5月の上旬か中旬くらいだったと思うんですよね。

これは、作ろうと思った、または作った経緯というのはどんな感じだったんでしょうか?
(大作氏)確か、4月の上旬か中旬くらいだったと思うんですけど、息子が通っている幼稚園の園長先生に、
「砂場が危ないんじゃないですか?」
という話をしたんです。でも、なんか全然、なんだろ。
「市の方でも大丈夫だって言ってるし、放医研の方でも大丈夫だって言ってるから、お母さん、気にしすぎですよ」
って言われて、なんとかなんとか、掛け合っていくうちに、
「線量計を買ったので測らせてもらいたい」
と言ったら、
「高かったらどうするんですか?」
って園長先生に怒られて。

あらあらあら・・・。
(大作氏)そうなんです。
高い値が出たら、除染の費用がどうのこうのってなった時に、お母さん、責任持てますか?」
って怒られたんです。

いや、でもそんな問題じゃないですよね!?
子供たちの命を考えたらね?
(大作氏)そうなんですね。それで、
「公の機関がそういうことをするんだったら、受け入れられますけど、お母さん1人にそういうこと、させられない」
みたいなこと言われて、
「じゃあ公の機関に動いてもらうように働きかけるんで、いいです。」
って言って、議員さんにあたっていったりして、って感じですかね。

それ、例えば本当に子供たちのこと考えたら、幼稚園側とか、そういうところが公の機関に「やってくれ」っていうことであって、公の機関から「検査しますよ」というのが、来なければいけないのを、全然逆なわけですね。
(大作氏)そうですね。高い値が出てほしくないってことですよね。

ええええええ!!!
でも、でもですよ?でも、そのここはホットスポットであるというのが文科省のモニタリングの測定結果でちゃんと出たじゃないですか?
(大作氏)そうですね。多分その4月くらいは、東大キャンパスが柏にあるんですけど、東大のキャンパスとか、がんセンターでも測った数値を公開してたんですけど、それが高いってことを園長先生に伝えても、全然理解していただけなくて・・・、はい。

じゃあ、今こういう地図が出て、状況が判っているんですけれども、例えば自治体だとか、そういったところが除染活動をしてるとか、そういう動きはあるんですか?
(大作氏)あ、そうですね。
8月に放射線対策室みたいなのができて、除染、でも結構ボランティアでお父さん、お母さんがやってるのが多いですかね。
でも、市の方としても、こうなんだろ。なんか市の方としても、いろいろ出してくれてるみたいで、多少やり取りはしやすくなったんですけど、園だとか小学校だとか?学校とかとも。
それまではもう、全然皆さん、直接訴えに言っても、学校でも幼稚園でも、掛け合っても話にならないっていうんですかね。

いやー。でも、自治体はそういう状況であったとしても、やっぱりお子さんをお持ちになってるお母さん方としては、すごく心配だと思いますので、もうそのお母さん方の全体の反応だとか、子供たちの反応というのは、どういった感じなんでしょうかね?
(大作氏)やっぱり温度差がすごいあるんですよね。気にしてるお母さんもいれば、気にしてないお母さんも居るんですよ。
だから、除染してほしいということを市の方に訴えるお母さんもいれば、
「そんなことにお金使わないで」
っていうお母さんも居るんです。
板挟みになっちゃって、市の方もどうしていいのかわからないような感じなのかな?と思うんですけど。

でも大作さんのような、実際に意識を持ってらっしゃる方々が集まって、この会を作ったということになるわけですよね?
(大作氏)そうですね。

メンバーはだいたい何人くらいだったんですか?
(大作氏)きちんと私は名簿を作ってなかったので、あまり把握してないんですが、最初署名を提出しに行くときに、市役所に多分100人くらいの方が集まっていただいたと思うんですけど、実際きちんと名簿を作れば良かったんですけど、作ってないから把握できてません。

でも、まあ大体100人くらいの方々が関心を示して、市役所に対して働きかけをしたりとか、そういった活動をされてたわけですね?
(大作氏)はい。

まあそのおかげもあってか、市役所のほうもちょっとずつ動き始めてという状況ができてきていたと思ってもいいですか?
(大作氏)はい。そうですね。

じゃあ、益々ね、そういう活動を続けていかないといけないと感じているところでしょうか?
(大作氏)そう、そうですね。
私自身も子供が鼻血を二人とも出しちゃったんです。
鼻血がそういう被曝の初期症状だというのも見たので、ちょっとびっくりしちゃって、いったん関東を離れて、九州のほうに避難したんです。
なので、活動がちょっと滞っちゃったりもしてて・・・。休止に、活動休止みたいになっちゃったんです。

はぁ・・・。
そうですか。
じゃあ、活動をやっぱり続けていきたいということは判っているんだけど、活動ができるような状態ではない状態に、ちょっと追い込まれてしまっているということですかね?
(大作氏)そうですね。代わりに代表をお願いしたい方たち、何人かいらっしゃるんですけど、でも頼みたくても、その方たちも同じように避難を希望してたり、移住を希望してたりで、代わりにお願いできる方もいらっしゃらないし。
私自身も九州に居ちゃったりしてたので、身内がこうもめもめになっちゃって・・・。

やっぱり移住をして、もうその柏の土地を離れていたほうが、もう安心だという感じの人が多くなってるということですね?<2/2へ>
(大作氏)そうですね。それもありますし、その温度差に参っちゃってるお母さんもかなりいらっしゃると思うんですよね。
なんか『放射能気にすることがおかしい』みたいな

それにやっぱ耐えきれないと?
(大作氏)そういう方もいらっしゃると思いますね。

うーん。
(大作氏)マスクしてね、外を歩いてたりすると、ちょっと変なふうに見られたりとか。

放射線を防御する、放射性物質を防御しようとして、マスクをしてると、それがもうやりすぎだみたいに思われたりするということ?
(大作氏)「気にしすぎよね?」みたいな感じで見られたりとか、私がそうやって活動したりしてることも、近所の人たちはあまり騒いでほしくないみたいな空気もありましたし、うーん。

でも、実際、この文科省が出してる地図だとか、それからいろいろ報道で伝えられるということで、そこの線量が高いということは皆さん、判ってるはずなんですけどね。
(大作氏)そうですね。なんでかそういう温度差が出来ちゃってますよね。

うーん。
それで、この会の活動をずっと続けていこうと思っても、それが今できない状況になってしまってるということですか・・・?
(大作氏)はい。私の周りでもそうやって、義理の実家のお父さん、お母さんも、あまり・・・、活動を派手にやってほしくないとか、避難してることをおかしいとか、離婚してほしいとか・・・

あーーーーーーー。
(大作氏)ふふ。自分の周りで精神的に参っちゃってるのもあったりして・・・。

あーーーーーーーー。
もうご家庭の中で、そこまで放射性物質の問題が、関係を苦しくしてるということですか?
(大作氏)そうですね。ただの放射能だけだったら、楽なのに、こういう温度差ができてしまって、気にする人と気にしない人が出てることで、そっちのほうがどっちかっていうと苦しいですよね

はぁ・・・・。
でも、ことはお子さんの健康の問題になるから、一番大切な問題ですよね。
(大作氏)そうですね。母親としてはそう思うんですけどね。

それとやっぱり、正しい情報としっかり向き合って、その対策をとるということが一番大切なことでしょう?
(大作氏)そうですね。

それが、やっぱり、難しくなってるという状況ですか・・・?
(大作氏)うん、そう感じますね。

藤田さん、いかがですか?
(藤田氏)もうちょっと驚きましたですね。
やっぱり原発から200㎞近くも離れた地点で、そういう放射線の影響が地域のコミュニティーまで崩壊させていると、そういう放射性の影響の広がりというか、恐ろしさが象徴されているような気がしますね。

あの、本当に正しい情報を行政が伝えようとか、そういったような動きっていうのは無いんですか?
(大作氏)あ、私ですか?
やっとこう、少しずつ小出しですけど、出てくるようにはなったかな?と思うんですけど、やっぱりちょっと前までは、市長も香山りかさんの話を引用して、じゃないですけど、
「放射能を気にする人は、ニートかひきこもりだ」
というのをブログに書いたりとか、いうこともあったりして・・・、全然ちょっと・・・

もう全然そういうのを考えないで、日々気にしないで生活をした方がいいという雰囲気が、今漂ってきてるということですね?
(大作氏)そうですね。はい。
「福島の人たちはもっと線量が高いところで暮らしてるのに、これくらいの線量でガタガタ言っちゃだめだ
みたいな雰囲気がありますよね。

最初、この被災地から200㎞近く離れていた柏にお住まいで、そういう線量が高い状況になっているということをお聞きになったときは、何を思いました?
(大作氏)何が起こったんだかよく判らなかったですね。知識がやっぱりなかったので、なんでこんなに離れてるとこで、ここだけが線量高くて、千葉のモニタリングポストは市原にしかないですから、なんでこんなに線量が違うんだろう?って思いました。

だんだんやっぱり状況が判ってくると、なんとかしなければいけないということで、活動をされてきたわけですけれども・・・
(大作氏)そうです。

今後ね、大作さんとしては、行政だとか自治体だとかにどういったことをしてほしいと思います?
(大作氏)やっぱり小さい子供を持つ、お父さんお母さん、全員に、本当に放射能のことを考えていただけるようにしていただきたいですね

まだやっぱりその段階から作っていかないといけないということですね。
(大作氏)そうですね。はい。

今回、ちょっと避難されてた。遠くの方に行かれてたということなんですけど、そうすると、かなり落ち着いて考えたりとかいうことができる状態になりますか?
(大作氏)やっぱり気にしないで子供を外に遊ばせられるし、食べ物も普段すごく気にしてるのが、買い物がすごくしやすくなりますね。九州のほうに居たので。
でも、でも、団体で避難したわけじゃないので、全然見ず知らずの土地に、ぽつんといったので、それはそれでやっぱり苦しいですよね。誰も知らないところで生活するのも・・・。

でも、今周りの会の方々も含めて、どれくらいの方々がそうやってほかの地域に避難するという形になってるんですかね?
(大作氏)多分10人くらいは居ると思います。

かなりやっぱり多いですね。
大作さんの周りだけで10人ということは。
(大作氏)そうですね。

やっぱり皆さん、そういった形で今住んでらっしゃる場所を離れても、子供たちの健康を守りたいということで、動かれて来てるわけですものね。
(大作氏)はい。そうですね。

やっぱり本当に意識されてるという方と、それから意識しないという方の温度差が大きくて、取り組みもかけ離れてるという感じになってるわけですね?
(大作氏)そうですね。はい。

じゃあ地域が一体となって動くという感じではないですね・・・。
(大作氏)ないですね。

なるほど・・・・。
もう、本当にね・・・。これどうしていくのかな?という感じなんですけども・・・。
(大作氏)やっぱりテレビとか、新聞とかでも、確か読売新聞でも以前あったんですよね。『柏近辺がホットスポットだっていうデマが流れている』って。

デマだというふうに言ってるんですか?
(大作氏)はい。言ってたんですよね。そういうのも、私たちの親世代は、やっぱり新聞をすごく信用するというわけではないんですけど、
「新聞がこう言ってるんだから、あなた、気にしすぎよ」
って、言われちゃうので・・・。そういうとこからの歪も辛いですよね

わかりました。
本当にこの問題に対処していくためには、そこにお住いの地域の方々が、放射線のことについて、もっと意識をもって勉強していくという段階からしていかなければいけないということですね。
(大作氏)そうですね。あと、その食べ物の暫定基準値も本当になんとかしていただきたいですよね

それもやっぱりかなり高すぎるから、安心して食べさせられないという状況ですか?
(大作氏)そうですね。外国と比べても、すごく高いと思うし、3年で致死量だと言ってる大学の先生もいらっしゃいますし、やっぱりそういうのを聞くと、ちょっと安心してなんでも子供の口に入れるということはできないですよね。

わかりました。
すいません、お忙しいところ、ありがとうございます。
(大作氏)いいえ、ありがとうございました。

はい。今日はですね、「柏の子供たちを放射能汚染から守る会」の代表、大作ゆきさんにお話を伺いました。
【以上】

本当にお辛い立場だと思います。
想像しただけで・・・。

なんでこんなことに・・・。

千葉アナウンサーが何度か絶句されていたこと、うまく文字起こしでは表現できていませんが、お伝えしておきます。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ
にほんブログ村