首相、原発資金の転用検討 除染、賠償費を捻出
2011/10/07 19:34   【共同通信】
 野田佳彦首相は7日、東京電力福島第1原発事故で拡散した放射性物質の除染や賠償金支払いの費用を捻出するため、従来の原発推進政策に基づく関連予算、資金の転用を検討する考えを表明した。共産党の志位和夫委員長、社民党の福島瑞穂党首との個別会談で「原発予算を洗い直す」と強調した。除染、賠償費は膨大な額になると予想され、国民の負担軽減に向けて財源確保策に本腰を入れる姿勢を示した形だ。

 ただ使用済み核燃料の再処理と高レベル放射性廃棄物の最終処分に使うため電力各社が積み立てている計3兆円超の資金について、転用する場合には関連法の改正が必要
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011100701000795.html

そうせざるを得ないでしょう。
もっと状況をちゃんと見てください。

原発を進められるわけはないんです。

これから起こる健康被害、賠償、放射性物質の除染もしくは封じ込めを考えると、ほかに道はないんです。

現実を見てください。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村