中部電、日立と和解 原発損傷で日立が90億円支払い
朝日新聞社 2011年10月6日20時45分 
 2006年に中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)5号機で起こった発電用タービンの損傷事故をめぐり、中部電は6日、製造元の日立製作所に対して418億円を求めた損害賠償請求訴訟について、和解したと発表した。日立が90億円を支払い、中部電は訴えを取り下げる
 9月20日に東京地裁から和解案が示され、両社が受け入れた。中部電は、「日立はビジネスパートナーでもある。早期に係争を終了させ、関係を正常化することが有意義だと判断した」(寺田修一法務部長)と説明している。一方、日立は「総合的に判断した結果、和解を受け入れることにした」(広報・IR部)とコメントした。
 事故は06年6月に発生。浜岡原発5号機の発電用タービンの羽根が損傷、中部電は07年3月まで営業運転を停止した。日立はタービンの修理費用約200億円を負担したが、代替火力発電所の燃料費など2次的損失の補償をめぐり交渉が決裂。中部電が08年9月に東京地裁に提訴していた
http://www.asahi.com/national/update/1006/NGY201110060019.html

【静岡】昨年の浜岡訓練で放射性物質拡散予測図を作成 福島に生かせず
中日新聞2011年10月6日
菅前首相も参加

 中部電力浜岡原発(御前崎市)を対象に昨年10月20、21両日、実施された国の原子力総合防災訓練で、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の予測図が作成され、訓練マニュアルでも「予測結果を関係機関に配信」と明記されていたことが分かった訓練には、政府対策本部長として菅直人前首相らが参加していたが、菅政権は東京電力福島第一原発事故時にSPEEDI情報を公開せず、住民避難にも活用しなかった
 訓練は「3号機の非常用炉心冷却装置が故障し、原子炉の冷却機能が喪失。放射性物質の放出の恐れがある」と想定。福島第一原発の事故を想起させる内容だった。
 本紙が入手した予測図は、外部被ばくによる実効線量、放射性ヨウ素の地表蓄積量など。ヨウ素の放出量を仮置きして計算している。原発周辺で東方向に風が吹き、放射性物質が神奈川、東京に拡散している。
 訓練マニュアルの「予測・モニタリング体制」には「文科省はSPEEDIを緊急時モードへ移行。放射性物質の単位量放出を仮定して拡散予測計算を行い、その結果を関係機関に配信」と明記されていた。
 福島第一原発の事故で、政府は電送システムの故障で原発の放出源情報を入手できなかったものの、一定の放出量を仮定して算出した予測図を作成したが、「仮の数値に基づく予測で不正確」との理由で非公開にした
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20111006/CK2011100602000149.html

文部科学省 原子力安全課 環境防災Nネットより
【SPEEDIの役割・特徴】
 SPEEDIには、2つの役割があります。
 一つは、「原子力緊急時において、国や関係道府県が防護対策の検討を進める際に、放射性物質による環境への影響予測情報を提供」することです。
 予測情報には、風速場、大気中の放射性物質の濃度、外部被ばくによる実効線量、吸入による甲状腺等価線量などがあります。
 もう一つは、「全国の原子力施設周辺の環境放射線監視と異常時の通報」です。
 SPEEDIでは、全国の関係道府県が測定・監視している原子力施設周辺の環境放射線データを、常時オンラインで、10分毎に収集しており、これらの環境放射線データが高い値を示した場合、自動的に原子力防災関係者(文部科学省、経済産業省、原子力安全技術センター)の携帯電話に通報されます
 10分毎に収集されたデータは、この環境防災Nネットでもご覧になることができます。(原子力施設等周辺環境放射線データのリアルタイム表示コーナをご覧ください。)
 なお、国の防災基本計画、および原子力安全委員会が策定した防災に関わる「緊急時モニタリング指針」、「原子力施設等の防災対策について」等の指針類に、SPEEDIの機能、役割などが明記されています。

【SPEEDIの特徴】
主な特徴は、
•気象庁のGPVデータ、アメダス情報および、原子力施設周辺の気象データを基にした予測をする。
•原子力施設周辺の地形の影響を考慮した予測をする。
•環境に放出された放射性物質の核種ごとに予測計算をする。
の3点が上げられます。

SPEEDI設置場所
http://www.bousai.ne.jp/vis/torikumi/030104.html

一つ目の記事は、まあ同じ業界の方々ですから、置いておいて、二つ目の記事。
これは、いったい何のための訓練だったんでしょう。
悔やまれてなりません。

「SPEEDIの結果を関係機関に配信」と明記されているのに・・・。
全国にこれだけの中継機があったにもかかわらず、発信元が発信していなかったのですから、どうにもなりませんね。

こういう話は聞いていると憤りしかわいてこないので、ここまでとします。
失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村