※この記事は、9月27日 経産省「総合資源エネルギー調査会基本問題委員会」に原発政策に批判的な有識者を委員に!に関連しています。

経産省、エネルギー政策見直しへ 基本問題委が初会合
2011/10/03 19:40   【共同通信】
 経済産業省は3日、総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)に設けた基本問題委員会の初会合を開いた。原発14基以上の新増設を掲げたエネルギー基本計画の抜本見直しに着手する。
 福島第1原発事故を踏まえて新計画を含むエネルギー政策を来年夏にもまとめる狙いで、野田首相が表明した「脱原発依存」に向けた道筋の具体化が焦点。この日は政府の「エネルギー・環境会議」も約2カ月ぶりに再開し、電源別のコストの検証を年内に実施する方針を確認した。枝野幸男経済産業相は「日本人にとって100年、200年にわたる今後の歩む道を探る重要な議論になる」と述べ、エネルギー政策の見直しを急ぐ必要性を強調した。
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011100301000729.html


原発路線で対立鮮明 エネ調初会合、産業界出身委員長にも批判
産経ニュース 2011.10.4 07:44
 来夏をめどに行われるエネルギー基本計画の見直しに向け、経済産業省は3日、有識者から意見を聞く「総合資源エネルギー調査会基本問題委員会」(委員長・三村明夫新日本製鉄会長)の初会合を開いた。反原子力発電所メンバーが多く起用されており、路線対立が目立った。関係閣僚で構成するエネルギー・環境会議も野田佳彦政権下で初めて開催され、原発依存度を可能な限り引き下げるとする政策見直しが本格的に始まった。

 枝野幸男経産相が「(エネルギー政策の)現状から出発するのでなく、あるべき姿にどう向かうのか議論をお願いしたい」とあいさつして始まった基本問題委では、出席委員22人のうち、三村委員長を除く全員が発言した。

 産業界出身の委員を代表する形で、槍田松瑩・三井物産会長が「日本が尻尾を巻くのではなく、さらに原子力技術を進化させて世界に貢献すべきだ」と訴えると、反対派の伴英幸・原子力資料情報室共同代表は「原発の最大の問題は使用済み核燃料が生まれること。原発はゼロにすべきではないか」と応戦した

 飯田哲也・環境エネルギー政策研究所所長は産業界出身の三村氏の委員長起用について、「国民の目線からみて、痛くもない腹を探られる」と切り込み、枝野経産相は「経験や年齢も考えて、三村さんが良いと判断した」と語った

 一方、この日のエネルギー・環境会議は、原発や再生可能エネルギー、化石燃料など各電源の発電コストについて客観的データを調査する「コスト検証委員会」を設置し、12月末に試算結果を報告することを確認した。月内に当面のエネルギー需給安定化策を定め、今冬の需給を再試算したうえで、需要抑制目標を公表する。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111004/plc11100407440006-n1.htm



【動画】ニコニコ動画なので、プレミアムに入ればタイムシフト等見られると思います。
18:30~総合資源エネルギー調査会~基本問題委員会~
http://live.ni☆covideo.jp/watch/lv65365358?ref=top
<追記>山本さん、ありがとうございます。
総合資源エネルギー調査会基本問題委員会 (第1回会合)
http://www.ustream.tv/recorded/17675645 (113:41)

【委員会資料】

総合資源エネルギー調査会 総合部会 第1回基本問題委員会
http://www.enecho.meti.go.jp/info/committee/kihonmondai/1th.htm
※この中の『革新的エネルギー・環境戦略のこれまでの議論及び今後の進め方について』をご覧になれば、経緯と方針が分かると思います。

総合資源エネルギー調査会基本問題委員会の開会にあたって
環境エネルギー政策研究所
所長飯田哲也【個人的に提出した資料】
http://www.enecho.meti.go.jp/info/committee/kihonmondai/iida.pdf

■総合資源エネルギー調査会基本問題委員会委員
・阿南久   全国消費者団体連絡会事務局長
・飯田哲也  NPO法人環境エネルギー政策研究所所長
・植田和弘  京都大学大学院経済学研究科教授
・槍田松瑩  三井物産(株)取締役会長
・枝廣淳子  ジャパン・フォー・サステナビリティ代表
       幸せ経済社会研究所所長
・逢見直人  日本労働組合総連合会副事務局長
・大島堅一  立命館大学国際関係学部教授
・柏木孝夫  東京工業大学大学院教授
・金本良嗣  政策研究大学院大学教授・学長特別補佐
・北岡伸一  東京大学大学院法学政治学研究科教授
・橘川武郎  一橋大学大学院商学研究科教授
・河野龍太郎 BNPパリバ証券経済調査本部長・チーフエコノミスト
・榊原定征  東レ(株)代表取締役会長
・崎田裕子  ジャーナリスト・環境カウンセラー
       NPO法人持続可能な社会をつくる元気ネット理事長
・高橋洋  (株)富士通総研主任研究員
・辰巳菊子  公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会理事
・田中知   東京大学大学院工学系研究科教授
・寺島実郎 (財)日本総合研究所理事長
・豊田正和 (財)日本エネルギー経済研究所理事長
・中上英俊 (株)住環境計画研究所代表取締役所長
       東京工業大学統合研究院特任教授
・八田達夫  大阪大学招聘教授
・伴英幸   認定NPO法人原子力資料情報室共同代表
・松村敏弘  東京大学社会科学研究所教授
・三村明夫  新日本製鐵(株)代表取締役会長
・山地憲治 (財)地球環境産業技術研究機構理事・研究所長

委員長:三村明夫
(計25名・敬称略、五十音順)

ニコニコ生放送をがっつり全部拝見したのですが、とにかく人数が多い!
委員の橘川武郎教授がニコ生配信を提案されたそうです。これからも委員会が開催されるごとに、毎回配信予定とのことです。
今回は、一人3分という短い時間で、みなさんおひとりおひとりの意見を語っていかれました。
相当の認識の違いがありました。

この国の縮図でしょうか。

これからも追いかけていこうと思います。
失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村