※この記事は、9月26日 文科省:高速増殖炉サイクル技術研究開発費を7割削減、一方もんじゅ経費は維持・・・に関連しています。

もんじゅ 試験運転見送りへ
NHKニュース 9月29日 6時11分  
福井県敦賀市にある高速増殖炉「もんじゅ」について、国は今年度中に計画していた出力を上げて発電する試験運転を見送る方針を固めました。国が進めてきたプルトニウムを利用する核燃料サイクル政策は「もんじゅ」が中核を担っていて、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて不透明感を増しています。

高速増殖炉「もんじゅ」は去年5月、ナトリウム漏れ事故以来、14年ぶりに運転を再開し、今年度中に出力を40%まで上げて発電する試験運転を始める計画でした。ところが、福島第一原発の事故を受けて、国の原子力委員会が27日から原子力の利用の長期計画を示す「原子力政策大綱」の見直しを再開するなど、原子力政策は見通しが立たない状態になっています。このため、文部科学省は「もんじゅ」をどう進めるか判断できないとして、今年度中に計画していた試験運転を見送る方針を固めました。文部科学省は、30日にも担当者が福井県と敦賀市を訪れ、試験運転の見送りを説明することにしています国が進めてきたプルトニウムを利用する核燃料サイクル政策は「もんじゅ」が中核を担っていますが、高速増殖炉の実用化に向けた研究開発も事実上、凍結される見通しで、福島第一原発の事故を受けて不透明感を増しています
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110929/k10015919151000.html

もんじゅの試験運転を見送り ストレステストなどで
2011/09/29 11:07 【共同通信】
 文部科学省は29日までに、高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の試験運転について、本年度の実施を見送る方針を決めた。30日に文科省幹部が福井県などを訪れ、説明する方向で調整している。

 本格運転に向けた「40%出力試験」を年度内に実施する予定だったが、昨年8月に起きた燃料交換装置落下事故への対応に加え、東京電力福島第1原発事故を受けたストレステスト(耐性評価)の実施も必要になり、年度内は困難と判断した。

 文科省は来年度予算で原型炉に続く実証炉の研究開発費を大幅に削減するなど、高速増殖炉研究を少なくとも1年は凍結する方針を決めている。
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011092901000288.html

そうですか。
当面は止まるんですね・・・。
なんとか止まっている間に、再開できないように運動を高めていくしかなさそうです。
ナトリウム漏れ事故があっても、再開したんです。今度も再開がないと、どうして言い切れるでしょう?

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村