※この記事は、9月21日 【起こしUP】民主党税制調査会会長代行中野議員に聞く【震災復興と増税】@たねまきに関連しています。

民主税調、所得増税は13年から 復興財源で方針
2011/09/25 20:32   【共同通信】
 民主党税制調査会(藤井裕久会長)が東日本大震災の復興財源を賄う臨時増税で、所得税の増税を2013年1月から10年間とする方向で調整に入ったことが25日、分かった。政府税調の案は早ければ12年1月からの実施も想定していたが、早期実施は景気に悪影響を及ぼすとの慎重論に配慮し、1年先送りする
 法人税は増税を先送りせず、政府方針通り12年度から3年とする方向。復興増税について、政府、民主党は所得税、法人税、個人住民税に加えて、たばこ税と相続税を対象とすることで最終調整している。党税調は26日にも役員会の案として決め、意見集約を図る。
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011092501000741.html

復興財源:前原政調会長「12年度からの増税こだわらぬ」
毎日新聞 2011年9月25日 18時56分(最終更新 9月25日 19時02分)
 民主党の前原誠司政調会長は25日のフジテレビの番組で、東日本大震災の復興財源を賄う増税について「機械的に来年度から増税するとは政府も与党も決めていない」と述べ、12年度からの増税にこだわらない考えを示した

 前原氏は復興増税について「一日も早く党をまとめ、野党と交渉し、国会で速やかに成案を得る」と強調した。増税幅を圧縮するための税外収入の上積みについては「ある程度の増税は仕方がないが、国民の理解を得るためにできる限り努力する」と述べた。【青木純】
http://mainichi.jp/life/today/news/20110926k0000m020025000c.html

日本再生の司令塔、来月始動 首相トップの戦略会議
2011/09/25 17:29 【共同通信】
 政府は25日、デフレ脱却に向けた経済財政運営や東京電力福島第1原発事故を踏まえた新たなエネルギー政策の司令塔となる「国家戦略会議(仮称)」の初会合を、来月中に開催する方向で最終調整に入った。野田佳彦首相がトップに就き、前政権から引き継いだ新成長戦略を拡充する指針として「日本再生戦略」の年内策定を目指す
 会議のメンバーには安住淳財務相や古川元久経済財政兼国家戦略担当相のほか、白川方明日銀総裁、米倉弘昌日本経団連会長、古賀伸明連合会長らも予定。さらに民主党政策調査会の機能強化方針を踏まえ、前原誠司政調会長の参加も検討している。
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011092501000479.html

上の関連記事にも挙げたとおり、民主党の税制調査会の話を聞くと、Bochibochiは耳を疑ってしまうような主張をなさっています。「頑張ってるんだから認めてほしい」と。ある種の驕りのようにすら感じました。
あ、しまった、ちょっと毒を吐いてしまいました・・・。
今回は、「所得税の増税のみちょっと先延ばしにしてみようか」ということのようですが、そういう小手先でなんとかなる話ではないことは、国民は知っています。
問題は、徴収された復興税の使い道です。どれだけの復興税が集まって、何に使われたのかをクリアに分かりやすく公表すること、これは必須だと思います。
もちろん、予算の見直しも当然ですし、埋蔵金、国債、天下りや政党交付金なんかもどんどん対処していってもらわなければいけませんが、現在進行形で復興と賠償も進んでいくんです。
全部がクリアになるのを待っていたら、恐らく被災者の方々に相当の負担を押し付けることになってしまうことも、なんとか防ぎたい・・・。

そして、この国の方針を決めていく「国家戦略会議(仮称)」のメンバー・・・。
この国のトップだそうです。

難しいです・・・・。

失礼します。
にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村