※この記事は、
8月24日 事故調検委:東電、2008年に10m以上の津波を試算していた!?
8月23日 【動画・起こし追記】事故調検委:東電・政府関係者から延べ126人から約300時間の聴取実施を報告に関連しています。

海外専門家に参加要請へ 政府の原発事故調査委
2011/09/24 19:45   【共同通信】
 福島第1原発事故で政府が設置した第三者機関「事故調査・検証委員会」(委員長・畑村洋太郎東京大名誉教授)が、複数の海外の専門家にアドバイザーとして調査への参加を要請する方針を決め、人選に入ったことが24日分かった。関係者によると、国際社会の信頼を確保する目的で、世界的な権威として評価が高い数人の専門家に依頼し、10月中にも決定して公表する。

 これまで旧ソ連のチェルノブイリ原発事故や米スリーマイルアイランド原発事故など重大事故の直後の調査は国内の専門家だけで行っており、外国人専門家の参加は世界でも初めてとなる。
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011092401000629.html

いったいどの機関のどなたが入られるのか、とても注目しています。
安全性に疑問を持たれている方も、必ず参加させてほしいと思います。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村