※この記事は、9月20日 福島5市町村:緊急時避難準備区域9月中に一斉解除へ・・・9月20日 【内容起こしUP】小出氏:避難準備区域解除、『原発と上手に付き合う』?@たねまきに関連しています。

原発の準備区域解除を不安視 福島の対象5市町村長
2011/09/24 16:54   【共同通信】
  東京電力福島第1原発事故で指定された「緊急時避難準備区域」の解除を目前に控え、福島県の対象5市町村の首長5人が24日までに共同通信のインタビューに応じた。ほとんどが住民の安全・安心確保が十分でない段階での解除を不安視。「悩ましい問題」として除染の期間やコスト、発生する除染ごみの処分を挙げた
 準備区域は広野町全域、南相馬市、田村市、楢葉町、川内村の一部。対象住民は計5万9千人に近い。菅直人前首相が示した放射性廃棄物中間貯蔵施設に5人は言及を避けた。
 広野町の山田基星町長は「住民の安全・安心が担保されない限り、帰還は考えていない」と国に苦言を呈した。
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011092401000399.html

当然ですよね。
汚染されている地域とわかっていて、戻りたいと思う住人がどれほどいらっしゃるでしょう。
特に若い方々は、どうでしょう?

酷すぎますよ。これは・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村