※この記事は、8月31日 北沢防衛相:自衛隊「大規模震災派遣」終結命令、除染支援は継続、福島でも最大避難所が閉鎖・・・に関連しています。

福島市で最大の避難所が閉鎖
NHKニュース 9月23日 16時39分 
震災と原発事故のため一時は2500人が避難した福島市で最大規模だった避難所が23日で閉鎖されることになり、県の担当者らが片づけ作業を行いました

震災と原発事故の影響で、福島県内では体育館などの避難所に最も多い時で7万3600人余りが避難していましたが、仮設住宅の整備や借り上げ住宅の確保が進み、福島県は来月までにすべての避難所を閉鎖すると決めています23日は最も多い時で2500人が避難した福島市のあづま総合運動公園に設けられた避難所が閉鎖されることになり、県の担当者らが避難している人の部屋を仕切るために使った資材などの撤去作業を行いました。この避難所では、双葉町や南相馬市から避難してきた3世帯10人が最後まで生活していましたが、いずれも23日に引越しを行い、仮設住宅や借り上げ住宅に移ることが決まっているということです。福島県によりますと、多い時で410か所あった避難所は5か所になっているということです。施設を管理運営する協会の渡邉晃総務課長は「当初は物資も足りなく、大変な時期もあったが、大きな事故もなく閉鎖することになり、ホッとしている。ただ、避難しても仕事のない人もいるので、その後の生活が心配です」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110923/k10015805901000.html

長期間におよぶ避難所の運営、本当に大変だったと思います。
運営をされている方々もまた被災者なんですものね・・・。

本当にお疲れ様でした。

避難を余儀なくされている方々、新しい場所で徐々にでもできるだけスムーズにその土地に慣れていかれること、お祈りしております。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
にほんブログ村