※この記事は、
9月16日 東電:黒塗りマニュアル「川内委員長の事前了解を得ていた。核防護上原発の安全委支障出る」
9月12日 【文字起こしUP】後藤政志氏解説「東電黒塗り文書について」@CNIC
9月12日 東電会見:汚染水処理状況と、科学技術・イノベーション委に出した黒塗り資料・・・に関連しています。

福島第1原発:「黒塗り」手順書、保安院開示せず 衆院委
毎日新聞 2011年9月22日 22時32分
 衆院科学技術・イノベーション推進特別委員会からの福島第1原発の事故時の手順書の開示請求に対して東京電力がほとんど黒塗りして提出した問題で、経済産業省原子力安全・保安院は再請求の締め切りだった22日、「法令上の手続きを精査していて間に合わなかった」として同委員会に手順書を提出しなかった
 保安院はこの日、同委員会に対し、原子炉が自動停止した場合の運転操作の規定「原子炉施設保安規定」(A4判1枚)と、1号機の非常用復水器が原子炉の圧力が高くなると自動的に作動し、原子炉を冷却減圧すると記された原子炉設置許可申請書の本文(同2枚)だけを提出。手順書については「法律に基づく請求をするため、事故調査に必要な箇所を精査している」として同社に請求もしていない
 また、保安院は同委員会が求めた米GE社の手順書についても「事故で発電所事務本館が破損しているため、同資料の入手は困難」という見解を示した
 これまでに同委員会が作業手順書などの提出を東電に求めたのに対し、東電は「事故時運転操作手順書」の大半を黒く塗りつぶして提出。同委が再提出を求めると、特別委理事会に手順書の一つの「シビアアクシデント(過酷事故)発生時の手順書」の表紙と目次の一部のみを開示した。同委員は電気事業法などに基づいて再度手順書の提出を東電に求める方針。【大野友嘉子】
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110923k0000m040150000c.html

何なんでしょうね。
何を隠したいんでしょう?
それともただ単にやる気がないだけでしょうか・・・?

ちょっと別件ですが、昨日IWJのサポーターズチャンネルで第4回ロックの日で岩上さんをはじめ、松田美由紀さ9月22日 ロックの日 洋二郎ん、岩井俊二監督などが集まって、熱く語られている配信をしてくれていたのですが、そこで、Radwimpsの野田洋二郎さんや、レミオロメンの藤巻さんなどが参加されていました。Bochibochiは両者ともに大好きですので、とっても興奮しました。若い世代のアーティストでも、やっぱり今回のことでは考えることがあったのだと思うと、少しホッとしました。
かなり長い時間、みなさんお酒も入りつつお話されていたのですが、途中、山本太郎さんも参加されて、告訴されて受理された件についても、少しお話されて
いましたが、
9月22日 ロックの日山本太郎「言い訳みたいになるのが嫌」
とおっしゃって、そこまで多くは語られませんでした。
さらに、なぜこの話をここで書いたかというと、岩上さんからのお話なんですが、ISEP JAPAN代表の飯田哲也さんと、立命館大学の大島堅一さんが、経産省の資源エネ庁の審議委員に選ばれたということです。
飯田哲也さんはみなさんもご存じかとは思いますが、大島賢一さんは、原発コストについて再計算し、原発コストが各種ある発電方法の中で最も高いということを論文で書かれた方です。
【参照記事】
9月21日 【起こしUP】小出氏:野田総理の再稼働と原子力の電気料金、揚水発電と玄海町の財政@たねまき
そういう意味で、委員会のメンバーというのは非常に重要で、鉢呂元大臣がやろうとされたことが伝わってきたような気がしました。

昨日Bochibochiはニコ生でその様子をミラー放送していましたので、ご興味のある方はブログ上部のニコ生コミュニティに飛んでいただいて、第4回不定期ぼちぼち配信のタイムシフトを是非どうぞ。

それでは、話が少しそれてしまいました・・・(笑)

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村