2号機の格納容器、震災直後に穴開いた可能性
読売新聞 9月22日(木)14時29分配信
  東日本大震災直後に、東京電力福島第一原子力発電所2号機の格納容器が損傷、直径約7・6センチ相当の穴が開いた可能性のあることが、日本原子力研究開発機構の柴本泰照研究員の模擬実験で分かった
 格納容器の損傷度を示す具体的な数値が推定されたのは初めて。北九州市で開かれている日本原子力学会で21日、発表された。
 柴本さんは、交流電源が喪失した後に、蒸気で注水を継続する非常用冷却装置「原子炉隔離時冷却系」(RCIC)の動作状況、圧力の推移など東電が発表したデータを活用。RCICへの水の供給源は、震災14時間後に、枯渇した復水貯蔵タンクから格納容器の底部の「圧力抑制室」に切り替わった。
 この場合、熱が外部に逃げないため、圧力は、震災後、2日程度で設計圧力(約5気圧)の2倍まで急上昇する。しかし、実際は、圧力の上昇は緩やかで、7気圧に達するまで3日以上経過していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110922-00000668-yom-sci

6号機地下に雨水流入 台風で福島第1原発
2011/09/21 20:50 【共同通信】
 東京電力は21日、福島第1原発6号機のタービン建屋地下に、毎時4トンの水が流れ込んでいるのが見つかったと発表した。台風15号の接近に伴う雨水とみられ、配管が壁を貫通する部分の隙間から流入していた。冷温停止状態の6号機への影響はないが、東電は監視を続ける。
 また1、2号機の中央制御室近くで少量の雨漏りも見つかった。1~4号機の建屋地下にたまった汚染水の水位は雨で上昇傾向だが、浄化システムの稼働で一定の余裕があり、東電は「今回の雨による大きな影響はない」とみている
 東電は台風の接近を受け、1~4号機の炉心注水の配管など屋外にある設備をロープで固定した。
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011092101001016.html

上の記事の2号機格納容器(圧力抑制室)の穴は、間違いなく空いていると思うのですが、圧力に耐えられなくなったとして、どうしてその場所からなのかを想像すると、やっぱり地震で亀裂か何かが入っていたんじゃないかと、邪推してしまいます。
Bochibochiからアウトプットできる知識がないので、全くの憶測ですけれども・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村