※この記事は、
9月18日 福島県広野町:山田町長、帰町時期明確にできず・・・
9月17日 福島県田村市:川内村に引き続き、来年3月下旬に住民帰宅の復旧計画発表【『こども健康研究所』・・・】
9月13日 福島県川内村:準備区域解除の方針を受け、来年2月に帰還方針【子供は・・・】に関連しています。

原発避難準備区域、月内解除へ 5市町村が復旧計画提出
2011/09/20 13:13   【共同通信】
 東京電力福島第1原発事故で指定された緊急時避難準備区域が9月中に一斉解除される見通しになったことが20日、分かった。福島県の対象5市町村が、解除の前提となる復旧計画をこの日までに政府に提出し、足並みがそろった。藤村修官房長官も同日の記者会見で、9月中の解除を目指す考えを明らかにした。

 準備区域は広野町全域、南相馬市、田村市、楢葉町、川内村の一部で、山間部が多い。対象住民は約5万8500人で、うち約2万5千人が避難帰還完了めどは、田村市、川内村が来年3月、広野町が2012年末としたが、南相馬市は明記せず、楢葉町は警戒区域の解除に合わせるとしている
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011092001000253.html


福島第1原発:緊急時避難準備区域 9月中に指定解除へ
毎日新聞 2011年9月20日 12時44分
 藤村修官房長官は20日午前の記者会見で、東京電力福島第1原発から半径20~30キロ圏内の「緊急時避難準備区域」に指定されている5市町村から政府の原子力災害対策本部に復旧計画が提出されたことを明かし、「(指定)解除の要件は整った」との認識を示した。政府は区域内の全市町村からの計画提出を待って9月中にも一括解除する方針を示しており、藤村長官は「対策本部が9月中を一つのめどとして結論を出す」と説明。月内に解除される公算が大きくなった。【小山由宇】
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110920k0000e010084000c.html

言葉がありません。
帰りたい住民の方々のお気持ちはお察しします。
では、帰りたくない住民の方々は・・・?
その補償を確約してあげてほしいと思います。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村