福島原発事故:「回避する機会逸した」…米誌電子版に論文
毎日新聞 2011年9月19日 1時09分(最終更新 9月19日 1時46分)
 「想定東海地震に重点を置き、他地域の地震を軽視した結果、福島原発事故を回避する機会を逸した」などとするロバート・ゲラー東京大教授(地震学)らの論文が19日、米原子力専門誌の電子版に掲載された。
 政府の地震調査研究推進本部などの地震予測手法を批判する内容だ。
 論文では福島原発の津波対策について、設計段階の60年代の科学的水準では「妥当」とした。一方、70年代以降に巨大地震の規模を正確に計算する手法が確立し、マグニチュード(M)9以上の地震の存在が海外で明らかになったほか、東北で東日本大震災と同規模の津波が過去にあったことを示す研究成果が90年代には出ていたと指摘。こうした知見が対策に結びつかなかった理由は、「特定の断層で起きる最大規模の地震はほぼ同規模、同間隔で発生する」という仮説に基づく同本部の地震予測手法に頼ったためとしている
 スイスの原子力安全研究者、ロシアの津波研究者との共著。ゲラー教授は「推進本部の予測ではなく、世界で起きたM9級の地震を考慮しておけば福島原発事故は回避できたかもしれない。事故を『想定外』と認めるべきではない」と言う。【八田浩輔】
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110919k0000m040124000c.html

悲しいですね・・・。
後から出てくるこういった話、本当はBochibochiはこういう記事を見るのが嫌になります。
起きてしまってから、『ああだった、こうだった』と分析することは、専門の方に任せてしまいたい気分です。それくらいこういう記事を読むと悲しくなります。

自分ひとりの力で何かが変えられたとは思いませんが、こういう記事を読むと、原子力を許してきてしまって、無関心であった自分が悔やまれてなりません・・・。

・・・失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村