福島第1原発:1号機「建屋カバー」工事の写真公開
2011年9月17日 21時42分 更新:9月17日 23時28分
 東京電力は17日、福島第1原発1号機の原子炉建屋で進めている「建屋カバー」の工事の写真を公開した。建屋カバーは放射性物質の拡散や雨水の流入を防ぐのが目的で、8月から作業を始めていた。10月にも完成させる予定。
 写真は15日に撮影され、クレーンでつり上げられたパネルが骨組みの側面に取り付けられようとしている。これまでに8枚のパネルが設置され、建屋が次第に覆われていく様子がうかがえる。すべて完成すれば、高さ約55メートルになるという。
 建屋は3月の水素爆発で壊れた。政府・東電の工程表では、同じように原子炉建屋が壊れた3、4号機でも今後3年以内に設置することになっている。【大野友嘉子】
http://mainichi.jp/select/today/news/20110918k0000m040079000c.html

東京電力HPより】
2011年9月17日 写真でお示しする福島第一原子力発電所の現状(722KB)
9月17建屋カバー1

2
3
4
5
6
7
8

どうなるんでしょうね・・・。
完成後の建屋内の環境がとても気になります。
あれだけ水蒸気がモクモクしたりしてますからね・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村