※この記事は、9月4日 食品安全委員会:生涯100mSvに対するパブリックコメントが3000件超【できない理由を探すより、できる方法を探そう】に関連しています。

セシウムで乳幼児食品に新基準 厚労省検討 母親の不安に配慮
2011/09/15 21:30   【共同通信】
 東京電力福島第1原発事故による放射性セシウムの食品汚染に関連し、厚生労働省が粉ミルクなど「乳幼児用食品」をほかの食品と分け、新基準値を設ける方向で検討していることが15日、分かった
 内閣府食品安全委員会が7月末、「子どもは放射性物質の影響を大人より受けやすい可能性がある」との見解をまとめたことを受けての対応。母親らの不安を払拭するため対策が必要と判断した。
 今秋に本格化する暫定基準値の見直し作業と併せ、同省内の審議会の検討課題に盛り込み、専門家らで議論する方針。実現すれば、現在の暫定基準値より厳しい値になるとみられる
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011091501001029.html

遅い!
けれど、この記事を読んだとき、Bochibochiは「よし!」と思いました。
小出先生は、基準を設けることに反対されていますが、Bochibochiはある程度の基準というか指標が必要だと思っています。日本の食品が安全だとは思わなくても、自分たちが選択するために、必要だと思うからです。

子どもたちを守るために、できるだけその指標を厳しく設定させたいとずっと思ってきました。

ですから、この流れにちょっと淡い期待を抱いてしまいます。
暫定基準値を見直す審議会の専門家が一体どのような方で構成されるのか、とても注目しています。
皆さんの出された3000件のパブリックコメントが、どうか届きますように・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村