※この記事は、9月15日 枝野経産相:東電を破綻させない理由@ロイターインタビューに関連しています。

経産相、福島第2も廃炉不可避 「地元理解は困難」
2011/09/15 21:27   【共同通信】
 枝野幸男経済産業相は15日、共同通信など報道各社とのインタビューで、東京電力福島第1原発事故に関連し、近隣にある福島第2原発についても「地元の理解が得られるとは思わない」と述べ、廃炉が不可避との認識を示した
 東電はこれまでに、第1原発1~4号機の廃炉を表明しているが、5、6号機と第2原発の1~4号機については廃炉の方針を明らかにしていない。枝野氏は官房長官時代に、5、6号機については廃炉になるとの認識を表明していた
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011091501001036.html

普通に考えて、福島での原発は無理だと思うのが人だと思うのですが・・・。
それを言ってくれただけでも、良かったと思います。

枝野経産相、どうなんでしょうね・・・。

様子を見ます。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村