※この記事は、
9月6日 IAEA:「『自発的』調査団受け入れを」「10年ごと→定期的に」「賠償条約に参加する可能性を十分考慮」・・・
9月3日 細野大臣:ストレステストの判断「第三者的な専門家やIAEAの意見も」
8月18日 事故調検委:保安院、4月海洋放出の海外通報思いつかず、放水開始1h前にIAEAへメール・・・
8月15日 IAEA:10年ごとに10項目で各国規制当局の機能を評価へ
7月27日 IAEA天野氏:「世界的に原子力の利用は広がっていく」@国連軍縮会議
6月24日 IAEA閣僚級会合閉幕:「核の番人」に限界も・・・
6月19日 IAEA閣僚級会合:「緊急対応チーム」創設、津波に対する「有効な警戒システム」、「安全評価制度」
6月11日とうとう出てきた元IAEAの東電暴露インタビューに関連しています。

福島第1原発:政府がIAEAに追加報告書 総会で説明へ
毎日新聞 2011年9月12日 14時50分(最終更新 9月12日 15時07分)
 政府は11日、東京電力福島第1原発事故の追加報告書をまとめた。原子力安全庁(仮称)を設置して規制を強化することや、他原発を対象とした安全評価(ストレステスト)の内容などを盛り込んでいる。19日からウィーンで開かれる国際原子力機関(IAEA)総会で各国に説明する。

 IAEAへの報告書は2回目。追加報告書は、その後講じた対策を記述。原子力の利用と規制を同じ行政組織が担っている現状を改善するため来年4月に原子力安全庁を設置することや、原発の設計基準で津波の高さや破壊力を考慮するための検討を開始したことなどを盛り込んだ。また、福島第1原発について、原子炉と使用済み核燃料プールについて「安定的な冷却を達成した」と評価しつつ「より安定的な冷却を実現するためには数カ月を要する」と分析している。【藤野基文】
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110912k0000e040092000c.html

原発事故「安定冷却なお数カ月」 IAEAへ追加報告書
2011/09/11 19:49 【共同通信】
 東京電力福島第1原発事故で政府の原子力災害対策本部は11日、原子力安全規制の新組織として「原子力安全庁」設置などを盛り込んだ国際原子力機関(IAEA)への追加報告書を作成した。原子炉と使用済み燃料プールのより安定的な冷却実現には「なお数カ月の時間を要する」とした。
 報告書作成は6月に続き2回目。事故収束作業や農産物の出荷制限、除染など、これまでの取り組みを包括的に記述した。19日からウィーンで開かれるIAEA総会に提出する。
 追加報告書では、経済産業省から原子力安全・保安院を独立させ、安全庁を環境省の外局として新設し、来年4月の設置を目指すとした。
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011091101000538.html

なんかもうこれを受けたIAEAがどう評価するんでしょうね。
東電の夢の工程表、すんなり評価してしまうんでしょうか・・・?

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村