※この記事は、
8月4日5日 統一見解で原発輸出の方針変えず、閣議「国家間の信頼留意」【国民は?】
7月23日 海江田経産相:原発輸出交渉、トルコへ経産職員派遣へ【首相の了承は?】
7月1日 各国向け原発輸出、原子力協定の国会承認が暗礁に関連しています。

ベトナムとの原発協議再開へ
NHKニュース 9月8日 4時35分  
東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと中断していた、日本が建設する予定のベトナムの原子力発電所を巡る政府間の協議が8日から半年ぶりに再開され、原発建設にあたっての費用の負担の在り方などについて意見が交わされる見通しです。

電力の需要が高まっているベトナムは、2030年までに原発14基を建設する予定で、このうち日本企業は2021年の稼働を目指す2基の原発を受注しました。この受注を、日本政府も支援する方針で、ことし1月からベトナム政府との間で協議を始めていました。その後、東日本大震災と福島第一原発の事故を受けて、協議はおよそ半年間、中断されていましたが、8日から再開されることになりました。今回、協議が再開されるのは、先月、日本政府が今後の原発の輸出について「すでに合意したものや交渉に入っているものは当面、継続する」という方針を受けたもので、原発の建設に向けた両国の費用の負担の割合や技術者の育成の進め方などについて意見を交わす見通しです。日本政府は、このほかトルコなどとの原発の輸出に向けた協議も今後、本格化させることにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110908/t10015457081000.html

ちょっと待ってくださいよ・・・。
国がまだ原発を売ることをやめないというのですか・・・?
そんな国の国民で居たくないと感じてしまいます。

なんとかならないでしょうか・・・?
これ以上過ちを犯したくないんですけど・・・。
子どもたちの目を見て話せる大人で居たいんですけど・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村