首相、原発会合に出席 潘事務総長と電話会談
2011/09/06 23:31   【共同通信】
 野田佳彦首相は6日夜、国連の潘基文事務総長と電話で会談し、9月下旬にニューヨークの国連本部で開かれる国連総会や、原発の安全基準に関する首脳級会合に出席する意向を表明した。東京電力福島第1原発事故の状況を説明し、事故の早期収束に向けた決意を表明する考えだ。
 会談で、潘氏は首相就任に祝意を伝え「地球規模の諸課題について日本と協力して取り組んでいきたい」と述べた。
 これに対し、首相は謝意を述べるとともに「諸課題の解決に国連は重要な役割を担っている。潘氏と緊密に協力していきたい」と強調した。
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011090601001001.html

いったいどんな話をしてくるんでしょうか。
「これからは安全基準もっと厳しくするから、原発頑張るからね!」
って言ってくるんでしょうか・・・?

各国はそれぞれの思惑もありますから、どう反応してくるでしょう・・・?
世界の流れを見てみましょう。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村