※この記事は、8月27日 福島南相馬市:電源3法交付金に続き、「施設等周辺地域交付金」の申請を辞退に関連しています。

原発新規立地めぐる交付金、浪江町も辞退へ 町長が明言
朝日新聞社 2011年9月6日4時1分 
 東北電力が新規立地を目指している「浪江・小高原子力発電所」(福島県)をめぐり、建設予定地の同県浪江町が今年度、「電源立地等初期対策交付金」を受け取らない方針を固めた馬場有(たもつ)町長(62)が5日、朝日新聞の取材に「県が復興ビジョンで脱原発を目指す中、私も今、受け取るべきではないと考えている」と語った。


 同交付金をめぐっては、同じく立地自治体の南相馬市も既に受け取りを辞退し、建設反対の姿勢を明確にしている。

 同交付金は、発電所の建設や計画が進む自治体に国から配分される電源三法交付金の一つ。立地が可能かどうかの調査を開始した時から交付され、浪江町は1984年度から昨年度まで毎年受け取ってきた。今年度分約8700万円は10月中に申請する必要がある。
http://www.asahi.com/national/update/0905/TKY201109050638.html

浪江町もですか・・・。
その意思表示、しかと受け止めましたよ!

失礼します。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村