東北沖「M9」地震、最短260年間隔の試算

読売新聞 9月5日(月)14時50分配信

  東北沖で、東日本大震災と同じマグニチュード(M)9クラスの巨大地震が最短では260年間隔で起きるという試算を、東北大の内田直希助教(地震学)がまとめた。
 東北地方が乗っているプレート(板状の岩盤)の下には、太平洋側から西方向に別のプレートが徐々に沈み込んでおり、プレート境界に徐々に「ひずみ」がたまっていく。このひずみを解消しようとして地震が繰り返し起きているが、岩石の凹凸の具合などによりプレート同士が元々強くくっついているほど、ひずみが頻繁には解消されず、比較的短期間で大きなひずみがたまってしまうとされる。

 内田助教は、東北沖で度々起きている小さい地震や、プレートの動く速度を解析できる全地球測位システム(GPS)のデータなどを活用し、今回の震源域のプレート間のくっつき度合いを算定。M9の巨大地震を起こすひずみがどのくらいの年月でたまるか計算したところ、最も強くくっついている場合で260年、くっつき度合いが弱い場合では880年との結果が出た。地層から津波の発生頻度をみた研究では、巨大地震による津波は500~1000年間隔で東北沿岸を襲ってきたとされる。内田助教は「エネルギーがより短い期間でたまる場合があることも考慮したほうがいい」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110905-00000582-yom-sci

人間が自然に対して想定できる範囲は超えていると思っています。
この『260年』という年数を信じるのか、Bochibochiにはよくわかりません。
アウターライズにあたる余震があったのか、まだこれからあるのかも含めて、原発はリスクがありすぎると思います。

アウターライズ地震:発生の懸念、小さな揺れで大津波も
毎日新聞社 2011年4月18日
東日本大震災後、各地で地震活動が活発化する中、震源域東側の太平洋プレートの内部で、大規模な「アウターライズ地震」の発生が懸念されている。
マグニチュード(M)9.0の巨大地震の影響で、太平洋プレートに大きな力がかかっているため。
過去には最初の大地震の2カ月後に発生した例もあり、気象庁は「発生すれば大津波警報を出すようなケースも考えられる」と話している。

アウターライズ地震は、陸のプレートの下に海側のプレートが沈み込む境界面で起きる東日本大震災のような地震の発生後、境界面より外側の地域で発生する 地震を指す。プレート境界面の破壊後、海側のプレートの浅い部分に引き延ばそうと する力が働くため、プレート内部で正断層型の地震が発生する。

気象庁地震予知情報課によると、明治三陸地震(1896年、M8.2)の37年後に発生した昭和三陸地震(1933年、M8.1)や、06年11月の千島列島沖地震 (M7.9)の約2カ月後に発生した地震(M8.2)がこのタイプ。04年のスマトラ沖 大地震などでも、規模は小さいが同じメカニズムの地震が発生したという。

同課によると、東日本大震災発生から約40分後の午後3時25分に発生した M7.5の余震や3月22日に発生したM6.7の余震は、アウターライズ地震の一種と考えられる。アウターライズ地震は陸から離れた場所で起きるため、陸での揺れは小さくなりがちだが、津波を起こしやすいという特徴がある。
昭和三陸地震は最大震度5だったが、沿岸には大津波が押し寄せた。

同課は「M8級の大規模なアウターライズ地震の場合、震度4や5弱でも6~10メートル以上の津波が起きる場合があり、大津波警報を発表する可能性がある。
揺れが小さいからといって油断せず、警報が発表されたらすぐに避難してほしい」と話している。
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110418k0000m040067000c.html

失礼します。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村