※この記事は、
8月30日 原子力委員会:原子力大綱を1年後めどに取りまとめ【夢がどんどん先延ばしになる・・・】
8月23日 原子力研究開発機構:もんじゅ「10月ころの復旧をめざす」福井県に報告
8月8日 菅首相:「原発に依存しない社会、『依存』の中には核燃料再処理・もんじゅも含まれる
7月15日 文科相:もんじゅ開発中止について「一言も言っていない」と釈明
7月4日 関西テレビ放送:"核のごみ”抱える村の現実-青森県六ヶ所村【見られるうちにご覧ください】などに関連しています。

もんじゅ 来年度予算凍結せず
東京新聞 2011年9月3日 朝刊
 開発中止か否かが議論になっている高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)について、中川正春文部科学相は二日、来年度予算に必要経費を計上する方針を明らかにしたただ、水と触れると激しく反応するナトリウムを冷却材に使うことに懸念を表明。地震などに見舞われた際の安全性を再検証するため、識者による検証委員会を設ける意向を示した


 同夜の記者会見で中川文科相は、もんじゅの予算について「(必要経費を)つけるべきだと思っている」と明言。核燃料サイクルを含むエネルギー政策の中長期計画の議論と、もんじゅの安全性の検証を同時に進めるべきだとして「結論が出た時点で(存廃を)判断する」と述べた。
 冷却材のナトリウムについては「リスクは開発がスタートする時から指摘されていた。想定外のことが起こって(配管などから)漏れてしまった後、どう対応できるのか検証する必要がある」と指摘した。検証委を設置する時期や結論を出すめどは未定とした。
 もんじゅは一九九五年にナトリウム漏れ事故を起こし、運転を中止。昨年五月に約十五年ぶりに運転を再開したが、点検作業中に燃料交換用機器が落下したため、再び停止している。機器の回収を今年六月に終え、来春の出力確認試験開始に向け準備を進めている。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011090302000030.html

要するに、予算だけとって先送りするということでよろしいでしょうか。
もんじゅは核燃サイクルの要となるものです。プルサーマルは、所詮つなぎ的役割でしかないとBochibochiは感じています。
この『もんじゅを諦める』=『核燃サイクル断念』=『原子力平和利用破たん』という流れを、どうしても認めたくないんでしょうね・・・。

予算、どのくらいとるつもりですか。
国民の税金を使って、福島の土地を失って、それでも夢の技術を追い続けますか・・・?

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村