保安院、官邸に報告せず…放射性物質の拡散予測
(2011年9月2日23時05分  読売新聞)
 経済産業省原子力安全・保安院は2日、東京電力福島第一原子力発電所事故の直後に緊急時対策支援システム(ERSS)で算出した事故進展予測の結果を公表した。
 全電源喪失から1号機は15時間22分、2、3号機は8時間35分で炉心溶融すると予測。1号機の結果をもとに、「SPEEDI(スピーディ)」で放射性物質の拡散予測も行っていたが、官邸の危機管理センターには、2、3号機のERSSの予測を送るだけで、SPEEDIを含む1号機の予測結果は報告していなかった

 森山善範・原子力災害対策監は、今回の予測も含めて保安院がSPEEDIで解析した45件のうち、官邸には2件しか送付していなかったのを認めた上で、「(送付しなかった)理由は分からない。SPEEDIを使うという思いが至らなかった。問題があった」と述べた
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110902-OYT1T00978.htm


当日に2号機溶融を予測 官邸に送付、説明せず
2011/09/02 23:00 【共同通信】
 経済産業省原子力安全・保安院は2日、福島第1原発2号機で燃料溶融に至る事故の進展を、東日本大震災の発生当日に予測し、官邸危機管理センターに報告していたと明らかにした。

 ただ、官邸には予測を送付しただけで、詳しい説明の形跡はないという。保安院の森山善範・原子力災害対策監は「予測に使われたデータは実際の事故状況を反映していないため、参考程度の扱い」と釈明

 11日午後10時ごろの2号機の予測では、約2時間後に燃料の被覆管が破損し、約3時間後には燃料が溶融、12日午前3時20分には原子炉格納容器のベント(排気)が必要となり、放射性物質が放出されるとした。
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011090201001046.html

こんなことって許されると思いますか?
45件のうち2件しか送付しておらず、官邸にもその重要度が伝わっていない様子がよくわかります。
過去を責めだすと、止まらなくなるので自重していましたが、これはあまりにも酷い・・・・

こんなリスク管理しかできていなかったおかげで、何万人が被曝したと思ってるんですか!?
今も被曝し続けてるんですよ!!!!

失礼します。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村