※この記事は、8月30日 【動画あり】東電会見:「白血病で亡くなった方のことはこれ以上調べません」、敷地内の放射線数値ミス94件、上空の汚染は軽微8月30日 【動画あり】東電:40代作業員が急性白血病で死亡・・・【問われる東電の姿勢】に関連しています。


福島第1原発作業員の白血病死、作業とは関係なし-東電
ウォールストリートジャーナル日本版 2011/8/31 18:25
東京電力は30日、同社の福島第1原子力発電所で短期間働いていた40歳台の作業員が急性白血病で亡くなったと発表した。痛ましいことである。だが、このことによって改めて原発作業員の安全への懸念が高まった


福島第1原発5、6号機の休憩所の前の作業員(5月)しかし、問題山積の原発を運営する問題山積の東電は、原発での作業と作業員の死に因果関係はないとしている。

この作業員は元請け会社から8月初旬に約1週間、福島第1原発に派遣された。氏名は明らかにされていない。

東電広報部の川又浩生氏は、元請け会社から提出された医師の診断書からすると、作業員が2、3週間前の作業で受けた被ばくによって急性白血病を発症したとは医学的に考えられない、という。作業員の死因について、これ以上の詳細は聞くことができなかった。

作業員は、福島第1を離れた後で体調を崩し医師の診察を受けた。東電は8月16日に元請会社から死亡の報告を受けた。元請け会社が提出していた福島第1で働き始める以前に行われた健康診断では、健康の問題は全くなかった。

作業員は原発で0.5ミリシーベルトの放射線を外部被ばくしたが、内部被ばくは全くなかった。米原子力規制委員会によると旧ソ連のチェルノブイリ原発で被ばくし急性白血病を発症した134人の作業員は800~1万6000ミリシーベルトを浴びており、それに比べると、はるかに少ない。チェルノブイリでは28人の作業員が被ばくによって3カ月以内に死亡した。

福島第1で、この作業員が携わっていたのは、現場の作業員の休憩所のドアを開閉し休憩所内の放射線の侵入を増やさないようにするといった作業だった。作業員は規定通り防護服とマスクも付けていたという。ただ川又氏は、この作業員が建物の内側にいたのか外にいたのかは把握していないと答えた。

東電が集計した最も新しい5月のデータによると、2553人前後の作業員の被ばく量は内部被ばくも含めて10ミリシーベルト以下だった。平均は3.1ミリシーベルト。厚生労働省は3月、福島第1で働く作業員に限って被ばく限度量を年250ミリシーベルトに引き上げている。これまでに、少なくとも6人の作業員がこの上限を超えて被ばくしたことが明らかになっている。
記者: Yoree Koh
http://jp.wsj.com/japanrealtime/2011/08/31/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%AC%AC1%E5%8E%9F%E7%99%BA%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E5%93%A1%E3%81%AE%E7%99%BD%E8%A1%80%E7%97%85%E6%AD%BB%E3%80%81%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E3%81%A8%E3%81%AF%E9%96%A2%E4%BF%82%E3%81%AA%E3%81%97/

Fukushima Daiichi Death Not Related to Plant Work — Tepco
August 31, 2011, 12:28 PM JST
By Yoree Koh
 When Tokyo Electric Power Co. said Tuesday that a male employee in his 40s died of acute leukemia after working at the Fukushima Daiichi nuclear power plant, the news was as chilling as it was tragic, heightening concerns about the safety of plant workers.
 But the troubled operator of the even more troubled nuclear plant said that the cause of the death of the former laborer was unrelated to his brief stint at the facility early this month.
 The unidentified worker was assigned to Fukushima Daiichi for about a week in early August by a subcontracting company. “It was concluded it is medically impossible for symptoms of acute leukemia to manifest from occupational radiation exposure from a few weeks ago,” said Tepco spokesman Hiroki Kawamata on Tuesday, referring to a doctor’s analysis submitted to the utility by the subcontracting firm. Tepco didn’t disclose further details on the exact cause of the worker’s death.
The man became sick after leaving the plant and underwent medical checkups before his death. The contracting firm notified Tepco of the death on Aug. 16. Mr. Kawamata said the company did not immediately release information of the death out of respect for the family. A medical examination conducted prior to the job and submitted by the subcontracting firm didn’t indicate any health concerns, said Mr. Kawamata.
The man was exposed to about 0.5 millisievert of external radiation and showed no internal exposure to radiation. The exposure is far lower than the high radiation doses – about 800 to 16,000 millisieverts – detected in the approximately 134 rescue workers responding to the 1986 Chernobyl nuclear power plant accident who suffered from acute radiation sickness, according to the U.S. Nuclear Regulatory Commission. Some 28 of those workers died within the first three months from their radiation injuries.
 The man’s job at the battered nuclear plant was to manage workers’ exposure to radiation by opening and closing the door to an onsite rest area to prevent external radiation from entering the building. Mr. Kawamata said the worker wore the required full-body protective suit and mask, but said he did not know whether the man stood inside or outside of the building during his shifts.
 About 2,553 workers were exposed to a combined internal and external radiation dose measuring between zero to 10 millisieverts in May, the most recent statistic available, according to Tepco. The average exposure amount for the month was 3.1 millisieverts. Japan’s health ministry set the radiation exposure limit for workers at the plan at 250 millisieverts in March. At least six plant workers have exceeded the allowable amount so far.
http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2011/08/31/fukushima-daiichi-death-not-related-to-plant-work-tepco/

微妙な記事ですね。
糾弾するわけでもなく、真相を突き止めたわけでもありません。問題点をしてきしているような箇所も見当たりませんし。漠然と「安全への懸念が高まった」(heightening concerns about the safety of plant workers)と行っています。

まぁ「それをするための情報すら東電は出していない」というのが、一番批判されるべきところかもしれませんね。

英文には
Mr. Kawamata said the company did not immediately release information of the death out of respect for the family.
(東電広報部の)川俣氏は、遺族への配慮により同社は作業員死亡の報告を即時発表しなかったと話した。
という文章が入っています。

やっぱりどう考えても、矛盾があります。
社と関係がないのであれば、発表する必要はないのではないか?
Bochibochiの疑問は、そこだけです。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村