※この記事は、8月24日 IAEA:原発新規導入国に立地・設計の安全検査を導入へ【保有国にも3年以内に調査Tを受け入れ要請】に関連しています。


原発被害の補償条約加盟を IAEAの行動計画案
2011/08/30 23:08   【共同通信】
 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)が福島第1原発事故を受け、原発事故の国際的な補償条約への加盟を検討するよう各国に求めていることが30日、分かった原発事故の補償に関する主な国際条約は三つあるが、いずれも加盟国が少なく、世界規模の補償体制確立が課題となっている。IAEAがまとめる原発安全の行動計画案に新たに盛り込まれた

 行動計画は世界の原発の安全強化に向けたIAEAの今後の指針と位置付けられ、IAEAは各国と最終調整に入っている。
http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011083001001119.html

さあ、9月に発表されるとされているIAEAの行動計画書、これによって日本の原子力政策をどうしていくつもりなのか、重要なことだと思っています。
今回は、国際補償条約に入るよう求めているとのことですが、日本が加盟した条約は断られそうと思うのはBochibochiだけでしょうか・・・?

とにかく、注目しています。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村