※この記事は、8月19日 九電:保安院の動員要請を認める報告書を経産省に提出8月29日 北電:MOX燃料加工を延期【やらせ問題を受けて第三者委員会の調査を待つ】に関連しています。

保安院課長と職員が要請 やらせ問題、中間報告
2011/08/30 17:55   【共同通信】
 経済産業省原子力安全・保安院のやらせ要請問題で、同省が設置した第三者委員会は30日、当時の保安院の原子力安全広報課長が九州電力玄海原発と四国電力伊方原発のシンポジウムで、同課職員が中部電力浜岡原発のシンポジウムで、それぞれ電力会社側に動員などを働き掛けたとする中間報告をまとめた。

 第三者委は、保安院側が「電力会社関係者もどんどん参加して意見を言いなさい」「シンポジウムのキーは『動員の確保』、『反対派の怒号をどう抑えるのか』である」などと要請していたことを明らかにした
http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011083001000703.html

まるで機能していないことがモロバレです。
Bochibochiは全く興味がなく、無関心でこんなふうに原発がどんどん促進されていったことなど、全く知りませんでした。

堅田9条の会の副代表のスピーチより引用します。
『「騙されていた」と平気で言える国民なら、恐らくこれから何度も騙されるだろう。現在でも既に別のことで騙され続けているのではないか』/伊丹万作「戦争責任者」

本当に、もうこれ以上騙されたことを言い訳にして、見過ごすわけにはいかないと思います。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村