民主党新代表に野田氏 あす第95代首相に指名へ
産経新聞 8月29日(月)14時33分配信
 民主党は29日、菅直人首相の後継代表を決める代表選挙を行い、野田佳彦財務相(54)が海江田万里経済産業相(62)との決選投票の末、新代表に選出された。野田氏はただちに党役員人事に着手し、30日の衆院本会議で第95代、62人目の首相に指名される。

 得票数は野田氏215票、海江田氏177票。投票総数は395、有効投票数は392で無効票は3だった。

 野田氏、海江田氏のほか前原誠司前外相(49)、馬淵澄夫前国土交通相(51)、鹿野道彦農相(69)の計5人が立候補した代表選は、1回目の投票でいずれの候補も過半数に達せず、野田氏と海江田氏による決選投票となった。

 1回目の得票数は前原氏74票、馬淵氏24票、海江田氏143票、野田氏102票、鹿野氏52票。有効投票数は395、無効票は0だった。

 海江田氏は約120人の党内最大勢力を率いる小沢氏や、鳩山由紀夫前首相の全面的な支持を受け、1回目の投票では最多の票を集めた。しかし、野田氏が、海江田氏を通じた小沢氏の影響力維持を懸念する中間派の支持を集め、決選投票では海江田氏の票を上回った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110829-00000546-san-pol

【民主党代表選】野田・新民主党代表はこんな人
(共同通信)2011/08/29 15:13
◎重荷背負っていく決意 野田新代表  

 民主党の野田佳彦新代表は29日、両院議員総会で選出後「心を引き締めて重荷を背負っていく決意だ」と表明した。選挙戦を振り返り「(試合終了の)ノーサイドにしましょう」と党内融和を目指す考えを強調した。
 その上で「安定した、信頼できる落ち着いた政治をつくろう」と呼び掛けた。具体的な政策課題としては東日本大震災の復旧・復興、東京電力福島第1原発事故の収束、円高対策を挙げた。また、政権運営では野党側に協力を求める考えも示した

◎24年続けた駅前演説 野田新代表の横顔 

1980年、大学を卒業してすぐに松下政経塾に入塾。第1期生として、故松下幸之助氏から直接、薫陶を受けた。家庭教師やガスの点検員、よろず相談所開設―。さまざまな仕事を経験しながら政治家になる志を曲げず87年、初挑戦で千葉県議に当選した。
 知名度も有力な支援組織もなく、駅前で通勤する人々にひたすら政策を訴える毎日。「朝立ち」は86年10月から2010年に財務相に就任する前日まで24年間続いた。「駅前留学はNOVA、駅前演説はノダ」と今も胸を張る。
 今回の代表選で争った前原誠司氏は政経塾の後輩で、ともに1993年初当選の同期。2005年、前原代表のもとで国対委員長に就任したが、翌年に「送金指示」メール問題で引責辞任する事態となり、若手執行部の未熟さを批判された。
 党内外から「財務省の言いなり」とやゆされながらも財政規律重視の姿勢は堅持する。鳩山内閣当時から財務副大臣として予算編成にかかわり、マニフェスト実現のための財源確保に腐心しながらも「将来世代の負担を残さない」との気構えは持ってきた
 親分肌で、若手からも「飲みに誘って愚痴をじっくり聞いてくれる」と信頼は厚い。「怨念」を超えて党をまとめられるか。格闘技ファンの愛煙家。54歳。衆院当選5回。千葉4区。


【野田氏の政見要旨】 
 野田佳彦新代表の政見要旨は次の通り。
 ▽福島第1原発事故の安定的な収束を実現。子供や妊婦の健康管理を実施。東日本大規模除染を国が前面に立って展開。「特区制度」の活用で被災地の企業誘致を進め、雇用を創出
 ▽原子力安全庁を設置して安全の規制体系を一本化。安全性を確認した原発の活用で電力を安定供給する。
 ▽過度な外国為替市場の動きには日銀と連携し為替介入を含め断固たる措置を講じる。2011年度第3次補正予算を活用した緊急経済対策を実行。法人税率引き下げ法案の早期成立を目指す。
 ▽財政健全化に真摯(しんし)に取り組む。無駄遣いを排除した上で、歳入改革も実行。経済成長と両立させる。社会保障と税の一体改革を実現する。
 ▽環境・エネルギー、健康医療の2分野で雇用創出。海外から知恵と資金を呼び込む。農林漁業の活性化を図る。
 ▽少人数学級の推進、国語力向上、奨学金の充実に取り組む。
 ▽衆院で80、参院で40の議員定数削減。事業仕分けを継続、強化し専任閣僚を充てる。公務員制度改革関連法案の早期成立を期す。
 ▽日米同盟を基軸に全世界と経済連携。アジア諸国と文化、人的交流を深める。
 ▽閣僚や党幹部を補佐するポストを設け、全員参加の体制を実現。

【野田佳彦氏の歩み】 
 1957年5月20日 野田義信、信子の長男として千葉県船橋市で誕生
 80・3 早大政経学部政治学科卒業
 80・4 松下政経塾に第1期生として入塾
 86・10 駅前での毎朝の街頭演説を開始
 87・4 千葉県議選に無所属で出馬し初当選
 92・5 日本新党結成と同時に入党
 93・7 衆院選の旧千葉1区に日本新党から出馬、トップ当選
 94・12 新進党に入党
 96・10 衆院選の千葉4区に新進党から出馬、105票差で落選
 98・12 民主党に入党
 2000・6 衆院選に民主党から出馬、国政に復帰
 02・9 党代表選に若手代表として出馬、「鳩菅体制からの脱却」を訴えたが敗れる
 12 菅執行部で国対委員長に就任
 04・5 「次の内閣」財務相に就任。特別会計を精査するワーキングチームを発足
 05・9 前原執行部で国対委員長に就任
 06・2 偽メール問題で国対委員長を引責辞任
 08・3 地方分権改革などに取り組む超党派の「せんたく議員連合」の共同代表に就任
 9 代表選出馬を模索したが、断念
 09・9 鳩山内閣で財務副大臣に就任
 10・6 菅内閣で財務相に就任
 11・8 民主党代表に初選出
http://www.47news.jp/47topics/e/219320.php 

経団連会長「心強い」民主新代表に野田氏
日本経済新聞 2011/8/29 16:25
 経団連の米倉弘昌会長は29日、同日午後の民主党代表選挙で野田佳彦財務相が新代表に選ばれたことを受け、「税制、財政、社会保障、政策に非常に明るい安定した行動力のある政治的リーダーだ。現在の財政や社会保障の危機的な状況を考えると、今、財政と社会保障の一体改革を実行しなければ日本は再建不可能となる。その中で野田大臣が死んだ票に就かれたのは本当に心強い」と延べた。さらに「強力な内閣を早期に立ち上げて政治的な空白を作ることなく、野党と協力しながら問題を解決して欲しい。任期を務めきっていただきたい」と要望した。
 野田財務相が復興増税容認の姿勢を明らかにしていることについては「国民全体が傷みを分かち合いながらにやっていくことは必要だと思う」と述べた。ただ、「所得税や法人税の増税は、国際的な景気に対する不安定要素や消費の縮小につながることから大きなことはできない。一方で消費税は経済的なインパクトがニュートラルなので、導入しながらやっていくべきだ」と注文した。[日経QUICKニュース]
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C9381949EE0EBE290858DE0EBE2EAE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;bm=96958A9C9381949EE0EBE2919E8DE0EBE2EAE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

20110825 新総理候補は発送電分離ができるか@モーニングバード (18:37)
http://www.dailymotion.com/video/xkpg1b_20110825-yyyyyyyyyyyyyyyy_news

新代表、つまり新総理が決まりました。
しんどい時代が続きそうです。

何と言っていいか、言葉を持ち合わせていませんが、否定的になりすぎずみていこうと思います。

失礼します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
にほんブログ村