※この記事は、
8月27日 菅首相:福島県で長期間戻れないことを陳謝、汚染廃棄物の中間貯蔵施設の受け入れを要請・・・

8月27日 環境省:10万ベクレル以下の汚染廃棄物でも埋立化の方針を検討会に提示・・・
8月25日 小出氏:東電の10m津波試算、原発周辺4割減の放射能、がれきの最終処分所@たねまき
8月20日 環境省:総額が6800億円から1兆円超に・・・【膨らむがれき処理費用】
8月3日 小出氏:米の基準値、全国に広がるがれき処理、私達の責任@たねまきなどに関連しています。


福島に環境省が支所設置へ がれき処理や除染推進
産経ニュース 2011.8.28 18:00
 環境省は28日までに、福島県内に放射性物質による汚染に対応するため「東北地方環境事務所福島支所」を新設する方針を決めた。汚染が著しい地域の廃棄物処理や除染を国が行うことなどを定める特別措置法が成立、来年1月に全面施行されることを受けた対応。同月から業務を開始、数十人規模の職員が常駐する見通しだ。

 東京電力福島第1原発の警戒区域など、県内の放射性物質による汚染廃棄物の処理や除染推進を担う現地事務所との位置付け。本省と分担し、現地調査や、廃棄物処理業務の入札・発注、県内自治体の支援などに当たる。本年度の第3次補正予算案に必要な経費を盛り込む。

 江田五月環境相は、環境省職員を福島県内に常駐させる方針を既に示している。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110828/fks11082818590004-n1.htm

これは、大丈夫ですかね。
昨日福島に中間貯蔵施設の打診をしたばかりで、たとえそれとは違う意味合いだったとしても、福島の方々の感情を考えると、このタイミングでの発表というのは、どうなんでしょうか・・・?

あまりにも・・・。
もう外堀から強制的に埋めていくということなんでしょうか・・・?

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村