※この記事は、8月24日 【動画あり】保安院:東電の津波10m越え試算を事故調へ報告【東電の隠し切れない嘘が暴露】に関連しています

2・3号機取水口 濃度下がる
NHKニュース 8月25日 20時46分 
東京電力福島第一原子力発電所周辺の海水の調査で、24日、2号機と3号機の取水口付近で採取した海水の放射性セシウムの濃度は、前の日を下回りました。

福島第一原発周辺では、東京電力が原発の取水口付近のほか沿岸や沖合で海水を採取し、放射性物質の濃度を調べています。このうち2号機の取水口付近で24日に採取した海水からは、
1cc当たり
  ▽セシウム134が国の基準の2.2倍の0.13ベクレル、
  ▽セシウム137が1.6倍の0.14ベクレル検出されました。この場所では、4月に国の基準の110万倍のセシウム137が検出されましたが、その後、減少し、最近は横ばい傾向が続いています。3号機の取水口付近では、
  ▽セシウム134が国の基準の5.5倍の0.33ベクレル、
  ▽セシウム137は3.8倍の0.34ベクレルで、放射性セシウムの濃度は2号機の取水口付近とともに前の日を下回りました。このほか、沿岸と沖合の合わせて9か所で採取した海水から放射性物質は検出されませんでした。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110825/t10015154381000.html

福島第1原発:大津波試算 東電と保安院に見解の相違
毎日新聞 2011年8月25日 21時18分
 東京電力が「福島第1原発に10メートルを超える津波が押し寄せる可能性がある」との試算を08年にまとめていながら、経済産業省原子力安全・保安院に今年3月7日まで報告せず、公表もしていなかった問題で、東電と保安院の間で見解の相違が表面化している

 保安院の森山善範対策監は25日の会見で、「試算であったとしても、それまでの想定(1~4号機で最大5・7メートル)と大きな違いがあるのだから早く公表し、専門家の前で説明をすべきだった」と東電の対応を批判。一方、東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「東電が勝手な想定をして原発の安全性を評価するよりも、(原発の津波対策の基準を策定する)土木学会の評価に基づいた方が合理性があり、その上で報告すべきだと思っている」と反論する

 さらに保安院は、3月7日に東電から報告を受けた際、対応した耐震安全審査室長が東電に「設備面で対応が必要」と口頭指導したと説明。だが東電側は「そういう事実はない」(松本本部長代理)と否定している。

 また、東電は25日、08年の試算結果を経営層も把握していたことを明らかにした。東電は08年10月、土木学会に対し、津波対策の基準となる「原子力発電所の津波評価技術」の改訂を要請した。その際、当時の原子力・立地副本部長で、事故後は副社長として会見などに出席していた武藤栄顧問に報告し、了承を得ていた。武藤顧問は事故後「想定外の津波」との説明を繰り返していた。また、学会への要請後、当時原子力・立地本部長だった武黒一郎フェローにも報告していたという

 一方、東電は25日、同原発3号機で26日から始める予定だった注水方法の変更を延期すると発表した。水を送り込むために使用予定だったステンレス製配管が、4号機使用済み燃料プール循環冷却装置で23日に微量な漏えいが見つかった配管と同じものだったため。【藤野基文】
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110826k0000m040088000c.html


1110825 統合会見①  (51:14)
http://www.ustream.tv/recorded/16860716
110825 統合会見②  (125:56)
http://www.ustream.tv/recorded/16861114
110825 統合会見後木野さんまとめ  (07:24)
http://www.ustream.tv/recorded/16862482
※今回もワカメマンさんがまとめてくれています。統合会見の様子はこれでわかると思います。
でも、せめて③だけでも御覧ください。

本当に酷い話です。
海への放出が止まっていません。本当の本当に、賠償は免れないでしょう・・・。

津波試算の件、これは許されるわけがないです。保安院も東電も同じです。言った言わないなんて小さい話ではなく、ずっと言い続けてきた『想定外』が覆されているんです。
さらに、東電や保安院が言い続けてきたとおり、原発のダメージは100歩譲って津波が全ての原因だとしたとしたら、なおこの罪は重くなります。自分で自分の首を絞めることになります。経営陣も知っていたとなると、本当にもう言い逃れができないですね。
③の木野さんのまとめをみていただければわかりますが、東電も保安院もそのときの試算に際する資料を出そうとしません。なぜ?都合が悪いからですね・・・。でも時間の問題だと思います。

これを、民主党代表選と島田紳助さんの騒動のスピンコントロールでほとんど報道しないTVは、一体どうなっているんでしょうか!

こんな大事なことを、どうして伝えないんでしょうか!

Bochibochiはストレスたまりまくりですよ!!!!!

どうかみんなに届いて欲しい・・・・。

失礼します。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村