放射性物質:米西海岸で放射性硫黄観測
毎日新聞 2011年8月16日 18時32分
 東京電力福島第1原発事故で、原子炉を冷却するため海水を注入した際に発生したとみられる放射性硫黄が、米カリフォルニア州で観測されていたことが分かった。ごく微量で健康には影響のない水準。カリフォルニア大サンディエゴ校の研究チームが15日、米科学アカデミー紀要電子版で発表した

 観測されたのは2種類の硫黄酸化物で、硫黄35を含んでいる。サンディエゴの大気を観測する施設で3月下旬から4月初めに高い値が確認された。

 米メディアによると、ピークの3月28日には通常の2~3倍となり同施設による観測史上の最高値を記録。同チームは、海水に含まれる塩素が中性子と反応して硫黄35が発生し、水蒸気とともに大気中に放出されて風で運ばれたとみている。(共同)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110817k0000m030021000c.html

【元記事】
Evidence of neutron leakage at the Fukushima nuclear plant from measurements of radioactive 35S in California
Antra Priyadarshi, Gerardo Dominguez, and Mark H. Thiemens1+ Author Affiliations

9500 Gilman Drive, University of California, San Diego, La Jolla, CA 92093
Edited* by Karl K. Turekian, Yale University, North Haven, CT, and approved July 18, 2011 (received for review June 10, 2011)

Abstract
A recent earthquake and the subsequent tsunami have extensively damaged the Fukushima nuclear power plant, releasing harmful radiation into the environment. Despite the obvious implication for human health and the surrounding ecology, there are no quantitative estimates of the neutron flux leakage during the weeks following the earthquake. Here, using measurements of radioactive 35S contained in sulfate aerosols and SO2 gas at a coastal site in La Jolla, California, we show that nearly 4 × 10 11乗 neutrons per m2 leaked at the Fukushima nuclear power plant before March 20, 2011. A significantly higher  activity as measured on March 28 is in accord with neutrons escaping the reactor core and being absorbed by the coolant seawater 35Cl to produce 35S by a (n, p) reaction. Once produced, 35S oxidizes to  and  and was then transported to Southern California due to the presence of strong prevailing westerly winds at this time. Based on a moving box model, we show that the observed activity enhancement in  is compatible with long-range transport of the radiation plume from Fukushima. Our model predicts that , the concentration in the marine boundary layer at Fukushima, was approximately 2 × 105 atoms per m3, which is approximately 365 times above expected natural concentrations. These measurements and model calculations imply that approximately 0.7% of the total radioactive sulfate present at the marine boundary layer at Fukushima reached Southern California as a result of the trans-Pacific transport.
http://www.pnas.org/content/early/2011/08/11/1109449108.abstract?sid=662273f7-1d61-47f6-8ba9-7f3a6ca4f7b7

【追記】8月23日 バズビー教授 8月17日 ロシア・トゥデイ 毎時10兆ベクレル

※もし10兆ベクレル/時が本当なら、これは大変なスキャンダルですが、いい間違いであって欲しいと願ってしまいます・・・。

少しご紹介が遅くなってしまいましたが、硫黄35がカリフォルニアで計測されています。
硫黄の同位体 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
硫黄の同位体(いおうのどういたい)には、25種類があるが、そのうち次の4種類のみが安定である。32S (95.02%)、33S (0.75%)、34S (4.21%)、36S (0.02%)。35Sを除くその他の放射性同位体は全て短命である。35Sは大気中の40Arの宇宙線破砕によって生成し、半減期は87日である。標準原子量は32.065(5) uである。

硫黄を含む鉱物ができる時、固体と液体との同位体平衡によって、共に生成する鉱物の間に小さなδS-34値の差が生じる。鉱物間のこの差は、平衡温度を推定するのに用いることができる。共存する炭素と硫黄のδC-13値とδS-34値により、生成時の周囲の環境のpHや酸素フガシティーの値を決定することができる。

多くの森林生態系では、硫黄は大気から供給される。鉱物の風化や蒸発残留岩に由来することもある。典型的な同位体組成を持つ硫黄は汚染源の同定や水文学での追跡に使われる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E3%81%AE%E5%90%8C%E4%BD%8D%E4%BD%93

北半球全体を汚染させています。
今この瞬間も、放射性物質の放出は止まっていません。地下に溜まった汚染水や溶融したであろう炉心が一体どこにあって、どうなっているのか、誰にもわかりません。

放射性物質が大気にも海にも放出され続けて、5ヶ月以上経ちます。
ISEP飯田さんが言ったように、少なくとも環太平洋各国からの訴訟は避けられないでしょう。

『日本』に耐えられるでしょうか・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村