※この記事は、7月15日 政府・金融機関:私的整理ガイドライン「8月22日から二重ローン債権放棄受付開始」へに関連しています。


被災者の返済免除申請開始へ
8月21日 4時3分  
東日本大震災で問題になっている、いわゆる二重ローン問題の対策として、住宅などが被害を受け借金を返せなくなった人を対象にした、返済の免除に関する申請の受け付けが22日から始まります。申請については、各地の金融機関のほか、第三者委員会の「個人版私的整理ガイドライン運営委員会」が、22日から、電話番号0120-380-883で、平日の午前9時から午後5時まで相談に応じるということです。

東日本大震災で住宅などが被害を受け、借金が残った被災者の救済策の一つとして、先月政府と金融機関などは、こうした人たちが自己破産せずに借金の返済を免除される手続きをまとめました。これに基づいて、返済の免除を求める申請の受け付けが22日から銀行など金融機関で始まります。対象となるのは、原則として、震災で収入が減るなどして預金や不動産といった資産をすべて手放しても借金が返せない人たちです。返済が免除されるには、弁護士や公認会計士などでつくる第三者委員会の判定を受けたうえで、取引先の金融機関の同意が必要となります。一定の収入があり、返済できると見なされた場合は、対象から外れる可能性もあります。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110821/t10015034851000.html

そうですか。
第三者委員会の判定が理不尽なものにならないことを願います。

失礼します。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
にほんブログ村