※この記事は、8月8日 文科省:東電に原発賠償の中間指針を手渡す・・・に関連しています。

東電が農林業者への仮払い拡大 営業損害も賠償
2011/08/15 18:51   【共同通信】
 東京電力は15日、福島第1原発事故で被害を受けた農林業者に対し、政府による避難などの指示に起因する営業損害を新たに仮払いすると発表した。東電は今回追加した仮払金について、これまで申請のあった分のうち9億7千万円を15日に支払ったとしている。

 また、実施中の政府などによる出荷制限に関する仮払いについては、対象期間をこれまでの4月末から6月末に拡大した。

 いずれも対象となる損害の半額を支払う

 原則として農業協同組合などの関係団体に請求のとりまとめを依頼しているが、個別の賠償請求にも応じる。問い合わせは東電の福島原子力補償相談室、電話0120(926)404。
http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011081501000504.html

そうですか。
被害者の方々には早急に賠償してあげてほしいと思います。

東電の経営、資産や給料体系は一体どうなっているんでしょうか。
原発賠償支援法が通ってからもどんどん賠償が膨れ上がっています。

・・・・・。

失礼します。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村