※この記事は、7月11日 東日本大震災から4ヶ月目・・・に関連しています。


震災から5か月、被災地照らす灯籠と花火
(2011年8月11日21時53分  読売新聞)
 東日本大震災から5か月を迎えた11日、岩手、宮城、福島の3県の沿岸部10か所で犠牲者の追悼と震災からの復興を願う花火が一斉に打ち上げられた。

 約200人が死亡、行方不明となった岩手県宮古市田老地区では、地震発生と同じ時刻の午後2時46分、高台の寺で灯籠がともされ、夕方には巨大防潮堤までが2000個の明かりでつながった。住民らは、地面に座り込み、市街地に並んだ灯籠の明かりと夜空の花火に見入った。

 自宅が被災し、親友を亡くした同地区の小向アサ子さん(63)が「犠牲者を慰霊の灯でともしたい」と、仮設住宅の住民らと制作した。阪神大震災の被災地で燃え続ける「1・17 希望のあかり」も火種として届けられた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110811-OYT1T00975.htm?from=main7

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の被害状況と警察措置 [平成23年8月11日]
http://www.npa.go.jp/archive/keibi/biki/higaijokyo.pdf

今日は、どっぷりがっつり会見をはしごをしたり、記事を書いたり、食品安全委員会に出すパブリックコメントのためにECRRを勉強したりして過ごしました。
発災時刻には、いつもの場所で黙祷をしたのですが、そのあとYoutubeに行って、発災時の映像や津波映像を見ていました。
もう大丈夫かなと思ったのですが、どうやらまだ駄目でした。
胸と胃がムカムカして気持ち悪くなってしまいました。

こんなことでどうする!?と自分が情けないです。
もっともっと苦しんでいる方々が居るのに、自分は何だ?情けない。

Bochibochiにできることを続けます。

失礼します。
にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ
にほんブログ村