福島第1、建屋カバー本格工事へ 9月末完成目指す
2011/08/09 20:36   【共同通信】

 東京電力は9日、福島第1原発1号機で放射性物質の拡散や雨水の流入を防ぐ「建屋カバー」の本格的な設置工事を、10日に始めると発表した。9月末までに完成させる計画。

 カバーは鉄骨の外枠の周りに気密性の高いポリエステル製のシートを張るテントのような構造。完成すると高さ約54メートル、南北、東西が47~42メートルになる。約60個の部材は海上から運び入れている。

 10日は高さ約6・9メートル、重さ約30トンの鉄骨材をクレーンでつり上げ、1号機原子炉建屋南東の角に設置する予定。

 東電は1号機での工事完了後、3、4号機についても設置を検討する。
http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011080901001008.html

1号機燃料プール 循環冷却に
NHKニュース 8月10日 18時52分  
東京電力福島第一原子力発電所では、これまで外部からの注水が続けられていた1号機の使用済み燃料プールで、10日から循環型の冷却システムが稼働しました。これで燃料プールは、1号機から4号機のすべてで循環型の冷却になり、安定的な冷却が前進することになりました。

福島第一原発の事故では、爆発などの影響で使用済み燃料プールが既存の設備を使った冷却ができなくなり、東京電力は、安定的な冷却の実現に向けて本来の循環型の冷却システムの復旧を進めていました。その結果、これまで外部からの注水が続けられていた1号機の燃料プールで冷却装置の準備が終わり、10日午前、本格運転を始め、循環型の冷却システムに切り替わりました。これで使用済み燃料プールは、3月の事故以来およそ5か月ぶりに1号機から4号機のすべてで循環型の冷却になり、安定的な冷却が前進することになりました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110810/k10014827442000.html

これでまたステップ2が進んで、「安全です」って言うんでしょうね・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村