【福島】塙町が被ばく量「年1ミリシーベルト以下」に設定
(2011年8月2日 福島民友ニュース)
 塙町は1日、住民の放射線被ばく線量の目標を年間1ミリシーベルト以下と設定したと発表した。数値は、国際放射線防護委員会(ICRP)の基準に基づくもので、自然放射線被ばくと医療行為による被ばくを除く。
 町は、本年度から10年間推進する町第5次長期総合計画の中に、東日本大震災の経過を踏まえ、「がんばろう 『はなわ』ビジョン」を策定。放射線から体を守るため、年間被ばく量の目標数値を設定した。また、地域の放射線量マップの作製や表土の除去、排水路の洗浄なども盛り込んだ。
 菊池基文町長は「原発依存度を段階的に下げるためにも、町を挙げて取り組んでいきたい」と話している。
http://www.minyu-net.com/news/news/0802/news7.html

【福島】白河市が給食センターに食材放射能測定機導入
(2011年8月2日 福島民友ニュース)
 白河市は、学校給食の食材を厳選するため、食材の放射能を簡易的に測定する機器2台を導入し、市内2カ所の給食センターに設置する。設置は2学期から。保護者らから給食食材の安全性に相談などが寄せられていたことから購入。市教委は「食材から少量でも放射能が検出された場合、その食材を使用しない」との考えを示した。購入費は1039万円。食材の測定は福島市でも実施している。
 また、市は1日から小型線量計(ガラスバッジ)の配布を始めた。県の「線量計等緊急整備支援事業」を活用し、予算は3155万円。対象者は妊婦、乳幼児(在宅)、保育園児、幼稚園児、小中学生の9900人。さらに、通学路などの除染作業を行う町内会やPTAなどに補助金を交付する。予算は1億1220万円で、各団体の上限額は50万円。
http://www.minyu-net.com/news/news/0802/news11.html

これに掛かる費用はもちろん国費ですよね?
政府は補助しますよね?
自治体にまかせっきりじゃないですよね・・・?

失礼します。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村