佐賀知事、メールもあると促す 玄海原発で九電幹部に
2011/08/01 12:53   【共同通信】
 九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の説明番組をめぐる「やらせメール」問題で、番組放送の数日前に九電の当時の副社長らと面会した佐賀県の古川康知事が「声の出し方として、メールやネットというのもある」と、メールで賛成意見を出すよう促すような発言をしていたことが1日、分かった

 知事が取材に対して明らかにした。これまで知事は「多くの人に番組を見てほしかっただけ」と、やらせ要請の意図は否定している。しかし具体的な手段への言及が判明し、やらせを促す意図があったのではないかという疑念がより強まりそうだ。
http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011080101000408.html

「知事が問題の原因」を社長否定 九電やらせメールで
2011/08/01 19:11   【共同通信】
 玄海原発(佐賀県玄海町)の説明番組をめぐり、同県の古川康知事が事前に九州電力幹部と面会して原発再開を容認する投稿を求めたとされる問題で、九電の真部利応社長は1日「(九電)内部で知事のメッセージの伝わり方が正しくなかった」と述べ、古川知事の発言が問題の直接原因となったとの見方を否定した。

 「やらせメール」問題などについて説明を求められ、玄海町議会の特別委員会に招致された真部社長が議会終了後、記者団に答えた。

 知事と幹部の会合があり、意見が交わされたことを経済産業省への報告書に記載しなかった点は「正しく伝わらないと知事に迷惑がかかる」と釈明した。
http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011080101000822.html

四国電、過半数の出席要請 原発集会で組織的動員
2011/08/01 18:19   【共同通信】
 四国電力が2006年6月に開かれた原発関連のシンポジウムで社員らに質問させていた問題で、社内や関連会社に対し定員(600人)の過半数にあたる300人以上の数字を示して出席を求めるなど、組織的に動員していたことが1日までに分かった

 動員を四電に要請したとされる経済産業省原子力安全・保安院は、集会終了後、議題だった伊方原発3号機(愛媛県伊方町)へのプルサーマル導入について、出席者の過半数が理解を示したとのアンケートを公表。06年10月には愛媛県と伊方町が導入に同意しており、この集会が地元の動向に影響を与えた可能性がある。
http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011080101000745.html

佐賀県、愛媛県大丈夫でしょうか。
これだけの報道がなされていては、本当に再稼動なんてレベルの話ではないですね。
住民の方々も、私たち国民も、全員で出てくる情報や報道をよく見て、自分がどう考えるか、どう行動するかちゃんと向き合わなければならないと思います。

人任せにしてきた結果が、今の日本の姿なんだから、変えていくためには、まず自分が変わることから始めていきましょう・・・。

失礼します。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村