※この記事は、<追記あり>5月29日茨城県鹿嶋市教育委員会の発表―給食での地産地消―7月4日 茨城観光関連団体でつくる協議会:東電に観光損害で18億円を申し入れ6月31日 1都6県での放射性汚泥と焼却灰が3万トン

に関連しています。

小学校の泥からセシウム 基準値の2倍、茨城
2011/07/06 13:25   【共同通信】

 茨城県常総市立水海道小学校で、プールや側溝を掃除した際に出た泥から、1キロ当たり約1万7千ベクレルの放射性セシウムが検出されていたことが6日、分かった。国の汚泥の埋め立て基準値(8千ベクレル以下)の約2倍。保護者が清掃で集まった泥を検査機関に持ち込み、独自に検査して判明した。

 茨城県教育委員会と同校によると、5月14日に教員と保護者が校内の側溝を掃除し、かき出した泥を学校の敷地の隅で保管していた。

 6月末に基準値超えの結果が出たため、教職員が泥を袋詰めし、倉庫で保管しているという。
http://www.47news.jp/CN/201107/CN2011070601000443.html

これを教員と保護者が掃除して、敷地の隅で保管していたんですよ・・・。
なんでこんなことに・・・。

国は何もしない・・・。
ほったらかし・・・。
すべてが独自調査・・・。

ひどする

・・・失礼します