※この記事は6月27日 中国電力:工期遅れ必至も「推進活動続ける」の続報です。

山口・上関原発一時凍結に言及 県議会が意見書 
2011/07/05 17:51   【共同通信】
 山口県議会は5日、中国電力が同県上関町で計画する上関原発について「計画を一時凍結せざるを得ない状況」と言及した意見書案をまとめた。8日の本会議で可決される見通しで、国へ提出する。
 福島第1原発事故を受け、既に二井関成知事が上関原発予定地の公有水面埋め立て免許延長を認めない方針を表明しており、予定通りの建設は困難となっている。
 意見書案では前文で、原発の安全体制が確立されない限り、計画を一時凍結せざるを得ないと明記。国への具体的な要望事項として「福島第1原発事故の原因究明を求める」などを盛り込んだ。
http://www.47news.jp/CN/201107/CN2011070501000705.html

県議会、知事、山口県をお願いします!

失礼します。