「テルル129m」初検出…取水口付近の海水
(2011年6月29日21時27分  読売新聞)
 東京電力は29日、福島第一原子力発電所1号機の取水口付近で今月4日朝に採取した海水から、放射性物質「テルル129m」を初めて検出したと発表した。

 事故後3か月を過ぎて新しい核種が検出されたため、高濃度汚染水の流出などが疑われるが、東電は「採水の際に、なんらかの原因で混入したのではないか。ほかの放射性物質の検出値に変動はないので、汚染水が漏れるなどの異常事態が起きているとは考えられない」としている。

 また、東電は29日午後、4号機の原子炉建屋最上階(5階)に作業員が入り、使用済み核燃料一時貯蔵プールに循環冷却装置を設置するための準備作業を実施した。原発事故後、1~4号機の原子炉建屋最上階に作業員が入るのは初めて。5階の線量を測定した結果、短時間の作業ならば問題のない範囲とわかった。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110629-OYT1T00953.htm?from=main5

もう本当に東電の見解はどうしてこんなに楽観的なのでしょう?
どうして原因究明を真面目に、謙虚にやろうとしないのでしょう?
見ていて悲しくなります。

4号機に作業員の方が入られました。
あの廃墟同然で、もくもく蒸気が立ち上る4号機です・・・。
5階の線量の数値はどのくらいだったのでしょう・・・。
まだ準備作業とのことなので、これから何回かは入られるのでしょう。
無用な被曝がありませんように・・・。

失礼します。