※この記事は、6月14日 東電補償金:住民票なく断念相次ぐ・・・(怒)6月22日 東電:精神的苦痛の賠償と追加費用で1260億円の特別損失を計上の続報です。

東電の原発事故補償、第2弾実施へ 時期や規模は未定
朝日新聞社 2011年6月30日1時6分
 東京電力は29日、福島第一原発の事故被害者に対する仮払いの第2弾を実施することを決めた。時期や規模は未定で、来週にも詳細を公表する。西沢俊夫社長が記者会見で「とにかく被災者から仮払いのご要望が強いので、お応えしたい」と明らかにした

 すでに東電は5月上旬以降、避難による損害への充当を前提に、当面の必要な資金として1世帯あたり100万円(単身世帯は75万円)の仮払いを実施している。29日現在、約5.3万世帯に総額496億円を支払っている

 第2弾の仮払いは、世帯別ではなく、1人あたりで支払う方向だ。家族構成の大小にかかわらず一律で支払われたことに、被害者の間では不満感もあったことを受けた。政府の原子力損害賠償紛争審査会が20日、精神的苦痛の損害についての目安を示した際、1人あたり月額10万円を基本としたことも参考にした。
http://www.asahi.com/national/update/0629/TKY201106290491.html

詳細は決まっていないようです。
来週の続報を待ちます。

失礼します。