※この記事は、6月26日 自民党:谷垣総裁:「再生エネより原発賠償の法案優先」 自民福島連:「原子力推進せず」に関連しています。


自民、再生エネ拡大計画策定へ 菅首相をけん制
2011/06/29 19:42   【共同通信】
 自民党は29日、太陽光や風力など再生可能エネルギーの利用拡大計画を早急にまとめる方針を固めた。総合エネルギー政策特命委員会(委員長・山本一太参院政審会長)を近く立ち上げ、具体案の策定に着手する。エネルギー政策の争点化を回避し、衆院解散の可能性に言及した菅直人首相をけん制するのが狙い。

 石破茂政調会長は記者会見で、8月中に次期衆院選マニフェスト(政権公約)の骨子をまとめる方針を表明した。拡大計画も盛り込む。

 特命委は再生可能エネルギーを原発に代わるエネルギー政策の柱とする方向で協議する。
http://www.47news.jp/CN/201106/CN2011062901001057.html

再生エネルギー拡大を進めるのは、必要なことなのですが、どうも政治家の方々は余計な欲が入っていくような気がして、Bochibochiがすんなり喜べないのは「不信」なんでしょうね・・・。

でも、やってもらわなければ!

続報を待つこととします。

失礼します。