※この記事は、首相官邸へ意見を送ろう国民投票について4月27日 陳情書を請願書にするために6月14日イタリア開票ほぼ終了:原発凍結賛成は94%!!!!などの関連記事となります

原発の是非、国民投票で 実現目指し市民団体結成
中国新聞 '11/6/25
 福島第1原発事故を受け、日本でも原発の是非を問う国民投票を実現させようと、東京都内で25日、呼び掛け団体の結成総会が開かれ、「憲法改正に匹敵する課題。一人一人がしっかり議論し、責任を持って決めよう」と訴えた。

 団体は「みんなで決めよう『原発』国民投票」で、作家の落合恵子おちあい・けいこさんや俳優の山本太郎やまもと・たろうさんが呼び掛け人となった。東日本大震災から1年後の来年3月の投票実施を目指し、今後、法律制定を国会議員らに求めていく。

 団体の案では、投票権は義務教育を修了した日本国民と永住外国人が持ち、
  (1)原発の新規建設を認めるか
  (2)既存の原発については運転容認か段階的閉鎖か―を問う。

 会場からは「賛成も反対もいろんな意見が出るべきだ」などの声が上がった。原発再開の是非をめぐっては今月、イタリアで国民投票が実施され、94%以上が反原発票を投じた。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201106250148.html

HP:みんなで決めよう原発国民投票→http://kokumintohyo.com/

この記事を某所で紹介してくれた友人に感謝です!
読み出してすぐに、「うおぉぉぉっ!!!」と声を挙げてしまいました。
すごく嬉しく思います。
Bochibochiの場合は、「憲法改正に匹敵する」と思っているのではなく、むしろ「憲法を改正してしまえ」と考えているのですが、その気持ちは同じだということが結成総会の言葉から読み取れます。
国民投票法を作ってもらえれば、本当にすばらしいと思いますが、今の政治家を見ているとそこまでのフットワークの軽さが感じられず、それなら「えいや~!」でやってしまったほうが・・・と思ってしまいます。

でも、今後の活動、支援していきたいと素直に思います。

皆さんは、どうお考えでしょうか?
夢物語だと思いますか?

失礼します。