太陽光発電普及に向けフォーラム開催へ、孫社長らセミナーや討論も/神奈川
カナロコ 6月12日(日)19時30分配信

 環境分野の有識者らが太陽光発電普及に向けて意見交換するフォーラム「太陽経済かながわ会議」が26日、横浜駅東口の新都市ホールで開かれる。全国の知事と連携して大規模太陽光発電所の建設に取り組むソフトバンク・孫正義社長らのセミナーのほか、県内関係者によるパネルディスカッションなどを行い、地球温暖化防止や省エネ対策の推進を呼び掛ける。

 県や太陽経済の会、神奈川新聞社などでつくる「県太陽経済を進める実行委員会」の主催。

 フォーラムは2部構成。1部では三菱総合研究所の小宮山宏理事長や孫社長、環境事務次官らによるセミナーを開催。中曽根康弘元首相のビデオメッセージも上映する。2部では日産自動車の志賀俊之最高執行責任者が太陽光発電と電気自動車(EV)の連携方策などを講演。県が取り組む太陽光パネル設置普及政策の報告もある。黒岩祐治知事はいずれにも参加し、進行役などを務める。

 1部は午前10時半~午後0時40分。2部は午後1時半~4時半。完全予約制、先着順で各550人。1部は定員に達したが、2部は申し込みを受け付けている。応募はインターネット(https://eco.pref.kanagawa.jp/taiyo/)か、県地球温暖化対策課電話045(210)4053まで。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110612-00000029-kana-l14 

この記事、恐らくBochibochi一回読んでたんです。
でも見逃してました・・・。

中曽根元首相といえば、原子力を日本に持ち込んだ方としても有名です。
彼が孫氏の側についたということは・・・。

続報を待ちたいと思います。

失礼します。