放射性濃度で遊泳可否を判定 セシウム対象、今夏限定で
2011/06/14 19:54   【共同通信】
 環境省は14日、全国の海や湖沼、河川などにある水浴場が遊泳に適しているかどうかを判定するため、大腸菌数などを基にした従来の指標とは別に、放射性セシウムの濃度の指針値を新たに導入することを決めた。各地で本格的な遊泳シーズンを迎えるのに先立って月内に具体的な数値を決め、自治体側に通知する

 福島第1原発事故を受け、水浴場を管理する自治体から国の指針を示すよう求める声が上がっていたことに対応した。半減期約30年のセシウム137と約2年のセシウム134が指針値の対象で、約8日の放射性ヨウ素131は除外する。

 指針の適用は当面今夏限り。
http://www.47news.jp/CN/201106/CN2011061401000889.html

静岡市5工場の製茶 規制値超す放射性物質
日テレニュース24 < 2011年6月14日 21:59 >
   静岡市葵区藁科地区で行われている一番茶の製茶の放射能調査で、静岡県は14日、計5つの茶工場から国の暫定規制値を上回る放射性セシウムが検出されたと発表した。

 14日の定例会見で、静岡・川勝県知事は、藁科地区にある2つの工場の一番茶の製茶から、国の暫定規制値を上回る放射性セシウムが検出されたと発表した。その後、10工場の検査の結果、新たに3つの工場で暫定規制値を上回ったと発表し、計5つの工場に対して出荷自粛と自主回収を要請した。県は「いずれも、飲む分には問題ない」と話している

 今回の一連の検査で、藁科地区で暫定規制値を上回った工場は、検査のきっかけとなった工場を合わせて6工場となった。この6工場で扱う製茶の生産量は、藁科地区全体の10%未満という。

 県は、藁科地区の約100工場のうち生産量の85%を扱う21工場について検査が終わったことから、残りの約80工場は要望があった場合のみ検査を行う方針。
http://news24.jp/articles/2011/06/14/07184533.html

環境省は、どういった数値を設定すれば、安全だというのでしょうか。
泳ぎたいと思う人が、大人であれば、私は何もいいません。

しかし、子供たちが遊ぶ海辺で、どういった数値が安全になるというのでしょう。
・・・悲しいです。

静岡のお茶、辛いです。
ものを作る現場で働いていらっしゃる1次産業の皆さんに、なんと言っていいのか、もう本当に何も言えません。

・・・ただ、ただ、ごめんなさい。

・・・失礼します。