原発近くの断層でも地震の確率 大震災で全国の活断層を再評価
2011/06/09 22:30   【共同通信】
 政府の地震調査委員会は9日、東日本大震災を受けて全国の活断層を再評価した結果、(1)福島第1原発に近い宮城・福島両県にまたがる双葉断層
(2)「糸魚川―静岡構造線断層帯」の一部で長野県にある牛伏寺(ごふくじ)断層
(3)東京都と埼玉県にまたがる立川断層帯―
の3カ所で、地震発生確率が高まった可能性があるとの見解を発表した。

 ただ具体的な発生確率は今回の手法では判断できないとしている。双葉断層は宮城県亘理町から福島県南相馬市にかけてほぼ南北に延び、福島第1原発からの距離は数十キロ。従来は100年以内にマグニチュード(M)6・8~7・5程度の地震が発生する確率は、ほぼ0%と推定されていた。
http://www.47news.jp/CN/201106/CN2011060901001132.html

地震予測の手法見直し 発生例なくても想定 政府調査委
朝日新聞社 2011年6月9日22時14分
 政府の地震調査委員会は9日、将来起きる地震の規模や確率の予測手法を改めると発表した。過去の地震をもとに予測してきたが、発生例がなくても科学的に可能性がある地震や、多数の地震の連動も想定に加える。予想される地震規模が大きくなり、中央防災会議の被害想定や自治体の防災対策などに影響を与えそうだ。

 調査委は、これまで同じ場所で同規模の地震が繰り返し起きるという前提をもとに、将来、起こる地震の規模や発生確率を予測してきた。しかし、東日本大震災を起こしたマグニチュード9の巨大地震の発生を予測できず、この反省を踏まえ、大きな揺れや津波を引き起こす「海溝型地震」の予測手法を改めることにした

 今後は、津波で内陸に運ばれた砂や海底の活断層を調べ、より古い時代に起きた地震も把握。さらに、海底の地殻変動を観測し、地震を起こすひずみを詳しく調べるなどして将来起きる地震を予測する。また、東日本大震災で複数の地震が起きる領域が連動したことを踏まえ、他の海域での連動も再検討。地震の規模やどの程度の確率で起きるのかを調べる。
http://www.asahi.com/science/update/0609/TKY201106090603.html

この地震に関する調査が本当になされ、それを原発に適用しようとするなら、日本に原発は建てられないでしょう。そういう調査を隠さず、できるだけ正確に私たち国民へも知らせてほしいと切に願います。

原発は、少なくとも日本にはいらない・・・。

失礼します。