6.11に100万人デモが予定されています。

私は今まで、Ustreamなどで中継を見ることしかできませんでした。
しかし、こちらでも世界同時反原発デモがあると知り、行くことにしました。本格的に参加するのは、初めてです。
相方の理解も得られたので、心置きなく、行ってこようと思います。
ただいま、プラカード製作中です。
出来上がったら、UPしますね。
署名もします。

もし、サンフランシスコ近辺にお住まいの方、いらっしゃったら、ご検討ください。
以下、参加するデモの内容です。

No Nukes Action Committee
http://nonuclearaction.wordpress.com/
世界同時脱原発行動にあわせ、サンフランシスコでは以下の声明文を日本領事館に提出します。お時間のある方は領事館前での署名提出(サンフランシスコ日本領事館で午後3時半集合)にお立ち会いください。
署名のダウンロードはこちら

日本と世界のの原子力軍事産業複合体の撤廃を求める声明文

日本国内閣総理大臣菅直人様

福島における核による大災害は日本に住む人々だけではなく、世界中の人々の脅威となっています。東京電力や日 本政府による情報の隠蔽行為は弁解の余地がありません。現地の人々は依然として放射能にさらされており、子供た ちは家や学校など建物の中で過ごさなければならない状況です。同時に、日本政府は状況が変わる度に、人々を守 るための規制や基準を変えてきました。それが本来守るべき国民を大きなリスクにさらしています。下記に署名した私 たちは以下のことを要求します。

1. 日本のすべての原子力発電所を、ドイツやスイスが取り組んでいるように閉鎖すること。
2. 今回の人災により健康被害を被る人々、また生活の糧を失うすべての人々に対する十分な補償をすること。
3. 原子力発電所の爆発とそれにともなう放射性物質の漏出の隠蔽に関わった、政府と東京電力の関係者すべてへの刑事処罰。
4. 世界中の原子力を終焉させるため、日本における原子力の供給、日本および国外における原子力機器の売買を止めること。
5. この事故に関する独立した原因究明委員会を設置し、東京電力の隠蔽行為の責任の在り処を明確にし、日本政府関係者の
原子力と原子力産業を正しく監視、管理する任務を怠った責任の在り処を追求すること。
6. ガイガーカウンター、ホールボデイカウンター、食物検知器の広範な配布をすること。
7. 子供たちに対して出された20マイクロシーベルトの基準を撤回し、汚染地域の子供や妊娠中の女性を避難させること。
8. この事故を理由に沖縄における米軍の撤退を遅延させることなく、また韓国・済州島やグアムの基地使用や軍事化を止めること。
9. 米国や諸外国(インド、オーストラリアのジャビルカなど)におけるウラニウム鉱山開発を中止すること。
10. 核廃棄物をモンゴルや米国に廃棄する計画を中止すること。
11. 少数派の人々(在日、部落民、先住民など)を労働者として搾取するような雇用を核産業にやめさせること。
12. ウラニウムの採掘や核廃棄の経済的なコストの説明責任を果たすこと。

賛同団体: Japan Multicultural Relief Fund (JMRF), Labor Video Project, Western States Legal Foundation Peace and Freedom Party Endorsed , Raging Grannies Action League,Todos Somos Japan Collective, United Public Workers For Action, Veterans For Peace,

頑張ってきます。

失礼します。

<追記>
プラカード作りました!
せっかくなのでUPしておきます。文字が歪んでるのはご愛嬌で・・・(笑)
行ってきます!

<さらに追記>
プラカード諸事情で削除しました。
ごめんなさいです。