福島第一原発3号機の爆発についての解説 4月26日

http://www.youtube.com/watch?v=P4KXX24Dv1U&feature=youtu.be
この動画の解説に出てくる(02:35あたり)の
「プラントから2マイルも離れたところから多数の燃料棒の破片が見つかっています」

実は、4月の上旬に、某掲示板で話題になったNYT記事がありました。
ネタ元が怪しいということで様子見をしていたのですが、それがようやくつながった形になりました。事実はわかりませんが、少なくとも海外ではそう認識されているようです。
Powerful Aftershock Complicates Japan’s Nuclear Efforts
By HIROKO TABUCHIand ANDREW POLLACK @New York Times
Published: April 7, 2011
http://www.nytimes.com/2011/04/08/world/asia/08japan.html
【最後の段落です】
Broken pieces of fuel rods have been found outside of Reactor No. 2, and are now being covered with bulldozers, he said. The pieces may be from rods in the spent-fuel pools that were flung out by hydrogen explosions.
【訳】
燃料棒の壊れた破片が2号機の外側で発見され、今はブルドーザーで覆われている状態、と彼は言った。この破片は使用済み燃料プールにあった燃料棒で、水素爆発によって飛び出してきたようだ。

隠してきたんでしょうか?
それとも誤報だったのでしょうか?

政府や東電が見解を発表するのは、時間の問題でしょう。

失礼します。