地域の経団連を見ると、その代表はことごとく電力会社の社長。そのため合理性を持っていない。

【これを解決していくためには】 (00:49:20-)

私たちにやれること。

・タテ-自ら政治家になったり、影響を与えられるポジションから変える方法。

・ヨコ-となりの人に話したり、多くの人たちのムーブメントから変える方法。

・ナナメ-全く別な仕組みを考え、現実に新たなやり方をやってみせる方法。

全部やっていく必要がある。

ナナメの方法を考える。

原子力をやめる→自然エネルギーへ移行すると言ってしまうと、つっこみどころが満載なので、失敗だと思う。

原子力をやめる→節電→自然エネルギーが正しい道だと思う。

 ・節電はコストがかからず簡単にできる。電気の消費量を半分へ。その減った量を自然エネルギーへ徐々に切り替えていくのが順序。

【電気は貯められないのが欠点】 (00:51:45-)

今使っている電気は、今発電された電気。発電所はピークの10%多く発電所を作っておかなければならない。

ピークが出るのは年間10時間。わずか0.1%

なるべく発電所を作りたい電力会社は、その0.1%のために発電所を作っている。

この0.1%を節電すればいいだけのこと。

家庭の電気消費は、電気全体の4分の1以下。

4分の3は、事業者が消費している。

ピーク時(3時~4時)は家庭がもっとも消費しない時間(全体の9%)

91%は、事業者。

事業者の電気料金は、基本料金は高いが、使うほどに安くなっていく。

→最大値を超えないようにたくさん使ったほうが安くなる。

家庭の電気料金は使うほど高くなっていく。

消費の多い月:東京は7月と9

解決策:企業の電気料金の設定を変えればいい。

そして、企業は省エネ製品を導入していけば、すぐに節電ができる。

⇒これをやらないことが問題。

【2003年夏のデータ】(00:58:40-)

東京電力のデータ

前年に原発事故を隠蔽し、内部告発され、否応なしに原発をとめて検査をする必要があった。電気がなくなりそうだったので、節電呼びかけのために出したデータ。東京電力は世界最大の電力会社。日本の電気3分の1を発電している。
東電ピーク需要の特徴2003

「夏場、平日、日中午後23時、気温31度以上のときだけピークが出ている。」

→対策:その条件の時に産業の電気料金を高くする。

⇒これをやらないことが問題。

これを東電で説明したことがある。必死にメモをとって最後には「資料をくれ」といったので、早速対応してくれた。

⇒二度とこのデータを出さなくなった。

発電所のピークをなだらかにすればいい。

ドイツや北欧はそうやってピークの上下をなだらかにした。

もし日本がドイツのようにピークの幅を減らした場合、現在の25%の施設は不要になる。原子力の発電量は全体の20%を下回っている。原子力発電は1基も必要なくなる。

【ピークを下げる方法】

・フランスは夏場日中の電気料金が11倍になるので、みんな電気を使わない。

・カリフォルニアやイギリスでは、各時間帯の電気料金を株式市場での売り買いしている。

→かつてみんなが一気に買ったために、200倍まで値上がりしたことがあった。200倍もする電気は誰もほしがらないため、うっぱら割れるとピークが下がる。

・アメリカは便利なシステムがあって、電気料金を下げてほしいと言いに行くと、一本だった電線を二本にしてくれる。新しい電線にエアコンだけつなぐ。ピークが近づくと、電力会社が勝手にエアコンを切ってしまう。切るのは5分だけ。(500万世帯で実施:デマンドサイトマネジメント)

→これを日本で試した(30分に5分切る)が、従業員お客さん、誰一人気づかなかった。

ピーク消費の40%はエアコン。

30分に5分、リモコンで送風・冷風を切り替えるだけ。

これをやれば、今年の夏の計画停電は不要。

⇒やれることをやっていないことが問題。今から間に合う。

【デマンドサイト・マネジメント】 (01:05:50-)

発電所の能力に、消費を合わせるやりかた。

カリフォルニア・スマッドという電力会社の方法を紹介。

省エネの冷蔵庫に買い換えた時、レシートを電力会社に持っていくと、3万円もらえる。白熱灯を持っていくと、ただで蛍光灯がもらえる。需要が増えると発電所を建てなければいけない。発電所を作るくらいなら、消費を減らしたほうが安上がり。

→日本では全くやっていない。

今からできる対策はある。

・使うほど高くなる電気料金設定にする。

30分に5分送風になるリモコンを作って配る。

・ピークの電力消費を減らす。

・市場で電気を売り買いする。

自然エネルギーはその後の話。

【世界自然エネルギー白書2010】 (01:08:00-)

アメリカで起こったこと。

原子力のコストがどんどんあがり、太陽光がさがってきた。去年交差し、現状は、太陽光のほうが安くなった。

太陽光は自然エネルギーの中では高いはずなのに、それが原子力を下回った。

原子力は補助金がなければ成り立たない。

税金が無い限り原子力は動かない。

2009年、世界中の発電所の中で、ヨーロッパ・アメリカでは自然エネルギーが自然エネルギーがもっとも拡大したエネルギーになった。

特にヨーロッパでは新設発電所の60%になった。

勝負あり。

世界では自然エネルギーが主流。

日本だけが、遅れている。メディアを信じきっている。

日本は北朝鮮並みの情報コントロールされた国。

情報鎖国。

メディアが本当のことを伝えない非常に稀有な国。

東電が東大に調べさせた。

管轄内海上50kmに風車を建設した場合の試算の答え

→東電の発電量全部まかなえるほどの発電が可能。

→「そのデータ公表しないでくれ」と対策した。

<現実的な問題と発電方法案>

・風の強い北海道・東北・九州に建てるほうが効率的。

・ヨーロッパでは浅瀬に作れるが、日本は急激に深くなるので、そこも問題。

→九州大学の恩田先生が考案した今年11月に有明に浮く風力発電所の紹介。

  ・カーボンファイバーという軽い素材を使って作った海に浮く風車。

  ・海の上は抵抗が無いためとても効率がよい。風力の30倍の発電力。

  ・これをやれば世界に電気を売ることができる。

  ・最も優れた発電方法で、イギリスから問い合わせが来ている。

→神戸大学院の先生が考案した浮かべるだけの波力発電 (01:12:50-)

  ・9m×15mのいかだ。45kwの発電力。太陽光の15倍。

→アイスランドの地熱発電

 ・中身は日本製。

 ・日本に地熱発電はほとんどない。本気で取り組めば全体の30%賄える。

→小規模水力発電

電力会社にこういった発電を買わせないと、私たちが使えない。

現状23.9円で買い取っている。市民から買えばいい。

なぜ5.9円の原子力を採用しつづけるのか。

 ・自社の子会社と出資先会社発電分(J パワー)は高いレートで買い上げている

以降、その④へ続きます。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村