誤ってボンベ切断、爆発=けが人なし-福島第1原発
時事ドットコム (2011/05/31-19:33)
 東京電力は31日、福島第1原発4号機の原子炉建屋南側で同日午後2時半ごろ、がれきの撤去作業中に無人の重機が誤って酸素ボンベを切断し、爆発したと発表した。けが人はいなかった。
 4号機は震災前から定期検査中で、配管の溶接などのため酸素ボンベがあった。地震と津波の影響で、建屋周辺に散乱していたとみられる。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011053100628

作業用トンネルの汚染水、水位が急上昇
日テレニュース < 2011年5月31日 15:34 >
 30日までの大雨で、福島第一原子力発電所の作業用トンネルの縦穴にたまった高濃度の放射性物質を含む汚染水の水位が大幅に上昇したことがわかった。

 福島第一原発2号機の縦穴では、31日午前7時までの24時間で水位が8.6センチ上昇して地上から39.4センチに、3号機の縦穴では、水位が6.5センチ上昇して地上から29.4センチとなった

 6月中旬に処理施設が稼働すれば汚染水の量を減らすことはできるが、現在、汚染水の別の建物への移送は中断されたままで、汚染水が縦穴からあふれ出るおそれもある。「東京電力」は、雨は上がったばかりでしばらくは水の流入が続くとみていて、追加の移送先を確保できないかなどを検討することにしている。
http://news24.jp/articles/2011/05/31/07183719.html

ヒューマンエラーは必ず起こります。
極限の状態での作業ならなおのこと・・・。

「4号機付近で爆発」と聞いて、一瞬飛び散った燃料が何かと反応して爆発したのかと創造し、身の凍る思いがしました。発表が正しいことを願います。

汚染水・・・、もう今後は汚染水との戦いになるといっていいと思います。
一刻もはやく、先生たちが提案しているとおり、タンカーを接岸させることを実行してほしい。

各国からの批判が始まってしまえば、もう日本は逃げ場所はなくなってしまいます。

・・・失礼します。